i3

2016年11月27日

堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ

堺市所蔵BMW見学会
BMWi3@エコレボ

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
BMW エコレボ <堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ>検索ボタン
上のキーワードでGoogle「画像」検索は、
▼ここをクリック

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。

Google<地球温暖化 リーフ改造>で画像検索


「はじめに」バー画像@堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ


  今回のブログの紹介は、『堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ』です。

  画像タイトルは、「BMW100周年堺市コレクション/NPOエコレボ」で統一しています。


  先日より、「BMW100周年堺市コレクション/エコレボ」ブログ関連については、以下のブログ
堺市所蔵BMW見学会/BMWi8@エコレボ
堺市BMWヒストリックカー(10)/YouTube@エコレボ
堺市BMWヒストリックカー(9)/2002ターボ@エコレボ
堺市BMWヒストリックカー(8)/3200S@エコレボ
堺市BMWヒストリックカー(7)/507ロードスター
堺市BMWヒストリックカー(6)/イセッタ250@エコレボ
堺市BMWヒストリックカー(5)/327/28カブリオレ
堺市BMWヒストリックカー(4)/328ウェンドラー
堺市BMWヒストリックカー(3)/328ロードスター
堺市BMWヒストリックカー(2)/315/1ロードスター
堺市BMWヒストリックカー(1)/デキシィー@エコレボ
BMW100周年ツアー堺市コレクション/エコレボ
BMW百周年堺市コレクション(3)/エコレボ
BMW百周年堺市コレクション(2)/エコレボ
BMW100周年堺市コレクション/NPOエコレボ
を作成してアップしてあります。画像タイトルは「BMW100周年堺市コレクション/エコレボ」で統一しています。あわせてご覧いただければ幸いです。


NPOエコ・レボリューション理事長@堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ
 NPO法人エコ・レボリューションのスローガン、「今乗っているガソリン車をEV電気自動車に乗り換えよう!」。
  規制対象の排出ガス汚染物質の削減=ゼロエミッション活動を通じて「ストップ・ザ・地球温暖化」に地域レベルで貢献することを旨として、現在「乗換えにはEV、今こそ決断♪」を推進しています。

※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「EVリーフ改造」や「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。

  特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。


■記事『堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ』

・・・前回(昨日)のブログ『堺市所蔵BMW見学会/BMWi8@エコレボ』の続きは以下です。


  以下の画像は、2015年11月秋の「堺市所蔵BMWヒストリックカー・コレクション」の見学会として、堺市竹城台倉庫(堺市南区竹城台3-21-3)で開催された時に展示されていたEV電気自動車BMWi3レンジエクステンダー仕様車の画像です。

【堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ 01】
堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ画像01
堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ画像01
堺市所蔵BMW507ロードスター他クラシックカー展示BMW百周年祭♪


  以下のデータは「i3(BMW i3)のカタログ・スペック情報、モデル・グレード比較 | Goo-net自動車カタログ」を引用して編集しています。

【BMW i3 I01】
■BMW i3 (I01) 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル
  プレミアム・セグメントにおける次世代モビリティを提唱するBMW 「i3(アイスリー)」。BMW iは、BMWグループの中核ブランドBMWのサブ・ブランドとして位置付けられた持続可能な次世代モビリティを提供するプレミアム・ブランド。製品やサービスは、専用の設計、開発、企画、生産などにより、持続可能なプレミアム・モビリティを実現するという革命的な手法を採用。大都市圏向け電動駆動の車として専用設計された4人乗りモデルであり、LifeDrive(ライフドライブ)構造と呼ばれる革新的な車体の基本構造コンセプトを採用。このLifeDrive構造は、パワートレインなどを収めるシャシーの役割を果たすアルミニウム製Drive Module(ドライブモジュール)および乗員などが搭乗する基本骨格(パッセンジャー・セル)となる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製Life Module(ライフモジュール)により構成。

【堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ 02】
堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ画像02
堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ画像02
堺市所蔵BMW507ロードスター他クラシックカー展示BMW百周年祭♪


  EV電気自動車BMWi3のラインアップは、最大出力170馬力、最大トルク250Nmを発生する電気モーターおよび総電力量22kWhのリチウムイオン電池を搭載する「ベースグレード」、プラグイン・ハイブリッド・システムを搭載し、一回の充電で、約130kmから160kmまでの走行が可能な「レンジ・エクステンダー装備車」の2グレードを設定。エクステリアには、ハロゲン・ヘッドライト(LEDライトエレメント付)、マルチファンクション・ステアリング・ホイール、HDDナビゲーション・システムなどを装備。さらに、インテリア・デザインには「BMW iインテリア・デザインLOFT」(ロフト)およびオプションの「BMW iインテリア・デザインSUITE」(スイート)を設定。LOFT(ロフト)では、シートにはいわゆる「アップ・サイクル」の一環としてPETボトルのリサイクル材を含む100%リサイクルのシート素材を使用。全車のインテリア・デザインにダッシュボードやドア・パネルの一部に天然素材のケナフ麻の繊維を採用。オプションのSUITE(スイート)では、環境にやさしい天然素材のユーカリ・ウッドをトリム・パネルに採用。こうしてBMW iの車両は、開発と生産から資料とリサイクルまで、ライフサイクル全体において持続可能な製品となっている。

【堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ 03】
堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ画像03
堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ画像03
堺市所蔵BMW507ロードスター他クラシックカー展示BMW百周年祭♪


  EV電気自動車BMWi3のボディカラーは6色用意。右ハンドルのみの設定。
★EV電気自動車BMWi3のグレード
■型式: レンジ・エクステンダー装備車 DLA-1Z06、
■排気量: 647cc
■ドア数: 5
■シフト: CVT
■駆動方式: FR
■定員: 4名
■燃費: 27.4km/1リットル
■価格: レンジ・エクステンダー装備車5,460,000円~
ただし、ベースグレードZAA-1Z00型式の100%EVバッテリー電気自動車モデルは、4,990,000円~。
※以上のデータは現行のBMWi3ではなく、2015年3月(平成27年3月) 発売モデルです。・・・つづく


  因みに、当NPO法人エコ・レボリューション(略称:NPOエコ・レボ、通称:エコレボ)は、BMW百周年やBMWi3についてのブログを以下のようにアップしています。
160729『BMWヤナセ八尾/NPOエコレボリューション
160728『BMW100周年(5)/BMWヤナセ八尾
160727『BMW100周年(4)/BMWヤナセ八尾
160726『BMW100周年(3)/BMWヤナセ八尾
160725『BMW100周年(2)/BMWヤナセ八尾
160719『BMW100周年/BMWヤナセ八尾
160724『BMWビジョンネクスト100(5)/NPOエコレボ
160723『BMWビジョンネクスト100(4)/NPOエコレボ
160722『BMWビジョンネクスト100(3)/NPOエコレボ
160721『BMWビジョンネクスト100(2)/NPOエコレボ
160720『BMWビジョンネクスト100/NPOエコレボ
151216『BMWi3(5)/大阪モーターショー2015
151215『BMWi3(4)/大阪モーターショー2015
151214『BMWi3(3)/大阪モーターショー2015
151213『BMWi3(2)/大阪モーターショー2015
151212『BMWi3/大阪モーターショー2015
150714『EVメーカーのSDとCSR(3)EV研究会
150713『EVメーカーのSDとCSR(2)/EV研究会
150712『EVメーカーのSDとCSR/EV研究会
150710『EVメーカーのCSR(3)/リーフEV研
150709『EVメーカーのCSR(2)/リーフEV研
150708『EVメーカーのCSR/リーフEV研
150707『EVメーカーの急速充電(3)/リーフEV研
150706『EVメーカーの急速充電(2)/リーフEV研
150705『EVメーカーの急速充電/リーフEV研
150704『BMWi3EV型のスペック/エルベオート
150703『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
150702『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
150701『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
150606『EV電気自動車のASV(3)/リーフEV研
150605『EV電気自動車のASV(2)/リーフEV研
150604『EV電気自動車のASV/リーフEV研
150603『EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
150602『EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
150601『EV電気自動車のQS/リーフEV研
150530『BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
150529『BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
150528『BMW電気自動車i3/リーフEV研
  あわせてご覧いただければ幸いです。


□テキスト編集:Ann, Hiro & Megima__


  以上、堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボの各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログページのすべての画像3枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。

※前回のシリーズブログ「BMW100周年堺市コレクション/NPOエコレボ」3作の全画像9枚を320x240大のスライドショーで見られます。


段落ライン/堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。
リーフ改造ラプソディアbg画像@堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ
<NEW>吹きだし/堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆画像引用:各画像に記載
◆撮影:各画像に記載
◆画像編集:NPO法人エコ・レボリューション、アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:NPO法人エコ・レボリューション、リーファーUS 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


堺市所蔵BMW見学会/BMWi3@エコレボ=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink

2015年07月04日

BMWi3EV型のスペック/エルベオート

BMWi3EV型のスペック
エルベオート

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【BMWi3EV型のスペック/エルベオート】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 カスタム <BMWi3EV型のスペック/エルベオート>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック



本日は『BMWi3EV型のスペック/エルベオート』の紹介です。

ウチのスタッフが以前BMW5シリーズを乗っていたご縁あって、今回BMW(正式名称:ビー・エム・ダブリュー株式会社)お初のEV電気自動車i3(アイスリー)の取材をエルベオート堺本社ですることになりました。

先日より紹介してきています『BMW電気自動車i3/リーフEV研』シリーズは、以下の
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
BMW電気自動車i3/リーフEV研
の6作です。
あわせてご覧いただければ幸いです。

また、『EV電気自動車のASV/リーフEV研』の以下の3作トリオロジー、
EV電気自動車のASV(3)/リーフEV研
EV電気自動車のASV(2)/リーフEV研
EV電気自動車のASV/リーフEV研
で、電気自動車を代表する日産リーフBMWi3EV型テスラSを引用してEV電気自動車のあり方や「ASV=Advanced Safety Vehicle アドバンスト・セーフティ・ビークル/アドヴァンスト・セイフティ・ヴィークル」との関わりにおいて、「先進安全自動車」としてのEV電気自動車のあり方を書いています。
あわせてご覧いただければ幸いです。

そして、以下のファイル
EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
EV電気自動車のQS/リーフEV研
で、BMWi3EV型について更に詳しく紹介しています。
あわせてご覧いただければ幸いです


※本ブログは、私たちボタンティア団体、当アクアライズEV研究会(別名:「リーフEV研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)として、<NPOエコ・レボリューション>の傘下で活動しています。


■記事『BMWi3EV型のスペック/エルベオート』



さて『BMW初のEV電気自動車i3』6作シリーズの最後に、今日はこのBMW(正式名称:ビー・エム・ダブリュー株式会社)車の最新技術を投入したBMW初のEV電気自動車i3(アイスリー)、ここでは「BMWi3EV型」と呼びますが、BMWi3EV型のスペックを紹介します。

私が一生買えないかもしれないBMW(ビー・エム・ダブリュー、ウチのスタッフには「ビー・エム」とか「ベーエンベー」とか「ほんとはベー・エム・ヴェー」と言うんよとか、昔からのファンで「ベンベー」と言う人もいるそうです)のドイツのお洒落でスポーティーな高級車メーカーから発売されている電気自動車モデルBMWi3(アイスリー)です♪

BMWi3(アイスリー)には2車種、2つのモデルが用意されています。
一つは、100%電気自動車のi3(アイスリー)モデル、ここでは「BMWi3EV型」と呼びます。そしてもう一つは「i3レンジ・エクステンダーモデル」です。

「BMWi3EV型」=100%電気自動車i3(アイスリー)には航続距離と充電インフラの充実についてはユーザーが求める問題が解決されていないので、i3レンジ・エクステンダー(アイスリーレンジ・エクステンダー)モデルのほうがEV電気自動車のタイプより良く売れているそうです。

「i3レンジ・エクステンダー(アイスリー・レンジ・エクステンダー)モデル」はたった9リットル(9リットルガソリンタンク満タン分)のわずかなガゾリンを給油しで発電機を回してEV走行します。PHV(プラグインハイブリッド)ではないし100%EV電気自動車でもない、BMW独自の先進テクノロジー開発エコカーです。ちなみに約3千万円もするスーパーカーBMi8(ビー・エム・ダブリュー・アイエイト)はPHV(プラグインハイブリッド)車です。これでBMWにはガソリン、ディーゼル、HV(ハイブリッド)、PHV(プラグインハイブリッド)、そして100%電気自動車のi3(アイスリー)モデルですべてのジャンルの車種がラインアップされたことになります。

ここでは2015年6月現在の「BMWi3EV型」=BMW初のEV電気自動車i3(アイスリー)のスペックを以下にリストします。
□「BMWi3EV型」=i3(アイスリー)のグレード名:i3
□「BMWi3EV型」の本体車両価格:499万円~
□「BMWi3EV型」の発売日 2013年11月13日
□「BMWi3EV型」の駆動方式:FR(後輪駆動)
□「BMWi3EV型」のハンドル:右
□「BMWi3EV型」の重量:1195kg
□「BMWi3EV型」の全長:4,010 mm
□「BMWi3EV型」の全幅:1,775 mm
□「BMWi3EV型」の全高:1,550 mm
□「BMWi3EV型」のホイールベース:2,570 mm
□「BMWi3EV型」のトレッド(前/後):1,571 mm 1,576 mm
□「BMWi3EV型」の前輪サイズ:155/70R19
□「BMWi3EV型」の後輪サイズ:155/70R19
□「BMWi3EV型」のホイール:5Jx19アロイ
□「BMWi3EV型」の車両重量:1,260 kg
□「BMWi3EV型」の定員: 4 人
□「BMWi3EV型」のラゲッジルーム容量(リットル):260
□「BMWi3EV型」のラゲッジルーム容量後席折畳時:1100
□「BMWi3EV型」のモーター:交流同期モーター
□「BMWi3EV型」のモーター定格出力:170ps(125kW)
□「BMWi3EV型」の最高トルク(EEC):250Nm 25.5kgm
□「BMWi3EV型」の総電力量(kWh):21.8
□「BMWi3EV型」の航続距離:130~160km(コンフォートモード時)、200km(ECO-PROモード時)
□「BMWi3EV型」の200V普通充電時間(h):8時間
□「BMWi3EV型」の急速充電時間(h) :0時間30分

以上についてはBMW公式サイト<[BMW]主要諸元:BMW i3>を引用して編集しています。理解不足やミスプリントの場合はご容赦くださいませ。

以上、今回で「BMWi3EV型」=BMW初のEV電気自動車i3(アイスリー)関連シリーズ13作はこれで完結です。

Text:メグ@アクアライズEV研究会


以下、BMWi3EV型のスペック/エルベオートの各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。


【BMWi3EV型のスペック/エルベオート 01】

BMWi3EV型のスペック/エルベオート01
BMWi3EV型のスペック/エルベオート画像01
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMWi3EV型のスペック/エルベオート 02】
BMWi3EV型のスペック/エルベオート02
BMWi3EV型のスペック/エルベオート画像02
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMWi3EV型のスペック/エルベオート 03】
BMWi3EV型のスペック/エルベオート03
BMWi3EV型のスペック/エルベオート画像03
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMWi3EV型のスペック/エルベオート 04】
BMWi3EV型のスペック/エルベオート04
BMWi3EV型のスペック/エルベオート画像04
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMWi3EV型のスペック/エルベオート 05】
BMWi3EV型のスペック/エルベオート05
BMWi3EV型のスペック/エルベオート画像05
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪




※以上の本文中の画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ページの表示画像5枚をスライドショー440x330pxlsで見られます。


<エルベオート株式会社>情報

BMW正規ディーラー・エルベオート株式会社
□社名:エルベオート株式会社(Elbe BMW )
□設立:1984年11月20日
□本部:〒599-8271 大阪府堺市中区深井北町3401
□電話:072-277-2300
□FAX:072-277-2368
□URL:http://www.elbe-bmw.co.jp
□資本金:7,000万円
□代表者:代表取締役社長 高橋克彦
□従業員:約100名
□事業拠点:堺店/貝塚店

エルベオート株式会社公式ページ
http://www.elbe-bmw.co.jp



BMWi3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)の
スペックや価格などのお問合わせは
BMWアイ部門の中村マネージャーさん
072-277-2300>が担当しています。

中村マネージャーさん名刺/BMWi3、i3エクステンダー、i8/エルベオート株式会社/リーフEV研 ▼ここをクリックで640x400pxls.に拡大します。
名刺画像クリックで640x400に拡大します。


お店に多くの人気BMW車が展示されていますが、
BMWアイiシリーズは、
BMWi3、i3エクステンダー、スーパーカーi8
が展示車・試乗車として紹介されています。

お昼のティータイムやお暇な時に
気軽に遊びに行ってみてください♪

明るくて上品なお店には
チャーミングな藤井奈央コンシェルジュさん
藤井奈央コンシェルジュ@BMWi3EV型のスペック/エルベオート ▼ここをクリックで640x400pxls.に拡大します。
名刺画像クリックで640x400に拡大します。

そして、エルベオートの熟練したスタッフが
厳選した優良なBMW認定中古車紹介は
おもてなしを大切にをモットーの
セールスコンサルタント畑中一穂主任さん
畑中一穂セールスコンサルタント主任@BMWi3EV型のスペック/エルベオート ▼ここをクリックで640x400pxls.に拡大します。
名刺画像クリックで640x400に拡大します。


はじめ多くのスタッフさんが在駐しています。

BMWi3シリーズは、
今回のように試乗すると楽しいです♪
別次元の走りです♪
また、スーパーカーi8も展示されています♪
ご試乗にはいくつかの手続きを経て
指定のコースを走行していただきます♪


※以上のお名刺は、ご本人の掲載許可をいただいています。


段落ライン/BMWi3EV型のスペック/エルベオート
★アクアライズEV研究会情報

当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/BMWi3EV型のスペック/エルベオート
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆車両:BMW電気自動車i3
◆車両(画像)提供:BMW正規ディーラー・エルベオート株式会社
◆画像提供:ビー・エム・ダブリュー株式会社
◆撮影:アクアライズEV研究会
◆プロモート:リーファーUSインターナショナル
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


BMWi3EV型のスペック/エルベオート=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink

2015年07月03日

BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研

BMW電気自動車i3(6)
リーフEV研

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 カスタム <BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック



今日の紹介ファイルは、『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研』です。
昨日の『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研』の続きです。

本ファイルのタイトルは『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研』ですが、画像タイトルは全編通して『BMW電気自動車i3/リーフEV研』としています。

先日より紹介してきています『BMW電気自動車i3/リーフEV研』は全6作シリーズです。このファイルを含んで、以下の
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
BMW電気自動車i3/リーフEV研
の6作で、このシリーズは終了です。
あわせてご覧いただければ幸いです。

この度は、『BMW電気自動車i3/リーフEV研』シリーズを作成するに当たって、BMWi3の電気自動車モデルを試乗させていただき、エルベオート堺本社<正式名:エルベオート株式会社(Elbe BMW )>の<アイ部門=BMWのi3(アイスリー)とスーパーカーi8(アイエイト)販売部門>の中村マネージャーさんやチャーミングな女性コンシェルジュ藤井奈央さんや他のスタッフの皆様には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。


■記事『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研』

昨日の『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研』の続きは以下です・・・


昨日の記事では、私の憧れているBMWi3(アイスリー)の「49点」は、50点に届きません。悔しい~ッ!

一方、私の乗る改造リーフの元のノーマルリーフの得点は「53点」で、リーフを愛車として毎日乗ってヘビーリーファーを自称しているのは、EV電気自動車は2015年現時点では私の知る限り、『優良!』とまでいきませんが『良!』だからです。

リーフのちょっとおブスな(幸田幸@映画の森てんこ森さんの言)なフォルムデザインは乗っている私には外から見えないので「ちッ!まあ、いいか!」と自分に言い聞かせ、航続距離はこのリーフは政府の補助金支給を得て4年縛りなので、リーフが400キロ走れるようになる頃の買い替えの時期を待ちながら今を楽しく大切に乗る。時期が来れば残クレで高く評価してもらって、噂になっている次期400kmリーフに乗り換える算段です。

ただし、もし次期400kmリーフがデビューしたとしても、国土交通省自動車交通局を事務局として大学・自動車メーカー・関係省庁をメンバーに加えた「先進安全自動車推進検討委員会」が中心となって1991年より推進している「ASV=Advanced Safety Vehicle アドバンスト・セーフティ・ビークル/アドヴァンスト・セイフティ・ヴィークルの略称で、先進安全自動車(せんしんあんぜんじどうしゃ)を意味する」の自動車にさまざまな先端技術を用い車両そのものが運転を支援するという開発プロジェクトに則って、日産フーガやスカイラインの上位機種やメルセデス・ベンツやボルボ等に搭載されているアクティブセーフティ(アダプティブ・クルーズ・コントロール、衝突回避ブレーキ、キープレーン、パーキングアシスト等のセーフティ・インテリジェンスというかセーフティ・スマート機能がついてくるかどうかです。日産リーフは最新のEV電気自動車なので標準またはオプション装備として付いて当然のセーフティ・スマート機能だと思うのですが・・・

こう考えると、2015年現時点でのEV電気自動車BMWのi3(アイスリー)にはこの最低限のアクティブセーフティ(衝突回避ブレーキ、レーザークルーズコントロール=ディストロニクス等のセーフティ・インテリジェンス)機能(キープレーンは未装備)が標準装備されている、いわゆる「ASV」(Advanced Safety Vehicle アドバンスト・セーフティ・ビークル/アドヴァンスト・セイフティ・ヴィークル、先進安全自動車」です。一昨日のBMWのi3(アイスリー)の得点「49点」の検証で、(2)セーフティインテリジェンス(車の安全を保つ機能はもとより最新の衝突回避等の2015年現行の搭載可能な安全システム)=9点がその高い評価です。

ちなみに、当アクアライズEV研究会(リーフEV研)の勝手な<EV電気自動車のクオリティ・スタンダード>は以下のファイル
EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
EV電気自動車のQS/リーフEV研
を作成してあります。ご覧いただければ幸いです。

また、「ASV」については、以下の3本
EV電気自動車のASV(3)/リーフEV研
EV電気自動車のASV(2)/リーフEV研
EV電気自動車のASV/リーフEV研
をすでに作成してアップしています。
あわせてご覧いただければ幸いです。


※本ブログは、私たち非営利団体である当アクアライズEV研究会(別名:「リーフEV研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)として、<NPOエコ・レボリューション>の傘下で活動しています。

Text:メグ@アクアライズEV研究会


以下、BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。


【BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研 01】

BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研01
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研画像01
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研 02】
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研02
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研画像02
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研 03】
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研03
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研画像03
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研 04】
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研04
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研画像04
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研 05】
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研05
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研画像05
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪




※以上の本文中の画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ページの表示画像5枚をスライドショー440x330pxlsで見られます。


<エルベオート株式会社>情報

BMW正規ディーラー・エルベオート株式会社
□社名:エルベオート株式会社(Elbe BMW )
□設立:1984年11月20日
□本部:〒599-8271 大阪府堺市中区深井北町3401
□電話:072-277-2300
□FAX:072-277-2368
□URL:http://www.elbe-bmw.co.jp
□資本金:7,000万円
□代表者:代表取締役社長 高橋克彦
□従業員:約100名
□事業拠点:堺店/貝塚店

エルベオート株式会社公式ページ
http://www.elbe-bmw.co.jp



BMWi3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)の
スペックや価格などのお問合わせは
BMWアイ部門の中村マネージャーさん
072-277-2300>が担当しています。

中村マネージャーさん名刺/BMWi3、i3エクステンダー、i8/エルベオート株式会社/リーフEV研 ▼ここをクリックで640x400pxls.に拡大します。
名刺画像クリックで640x400に拡大します。


お店に多くの人気BMW車が展示されていますが、
BMWアイiシリーズは、
BMWi3、i3エクステンダー、スーパーカーi8
が展示車・試乗車として紹介されています。

お昼のティータイムやお暇な時に
気軽に遊びに行ってみてください♪

明るくて上品なお店には
チャーミングな藤井奈央コンシェルジュさん
藤井奈央コンシェルジュ@BMW電気自動車i3/リーフEV研 ▼ここをクリックで640x400pxls.に拡大します。
名刺画像クリックで640x400に拡大します。

はじめ多くのスタッフさんが在駐しています。
BMWi3シリーズは、
今回のように試乗すると楽しいです♪
別次元の走りです♪

※以上のお名刺は、ご本人の掲載許可をいただいています。


段落ライン/BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
★アクアライズEV研究会情報

当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆車両:BMW電気自動車i3
◆車両(画像)提供:BMW正規ディーラー・エルベオート株式会社
◆画像提供:ビー・エム・ダブリュー株式会社
◆撮影:アクアライズEV研究会
◆プロモート:リーファーUSインターナショナル
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink

2015年07月02日

BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研

BMW電気自動車i3(5)
リーフEV研

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 カスタム <BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック



本日は『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研』ファイルの紹介です。
昨日の『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研』ファイルの続きです。

先日より紹介してきています『BMW電気自動車i3/リーフEV研』は全6作シリーズです。今までに、このファイルを含んで
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
BMW電気自動車i3/リーフEV研
の5本をすでに作成してアップしています。
あわせてご覧いただければ幸いです。

ちなみに、本ファイルのタイトルは『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研』ですが、画像タイトルは全編通して『BMW電気自動車i3/リーフEV研』としています。


■記事『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研』

昨日の『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研』の続きは以下です・・・


試乗でお世話になったエルベオート堺本社<正式名:エルベオート株式会社(Elbe BMW)>」の<アイ部門=BMWのi3(アイスリー)とスーパーカーi8(アイエイト)販売部門>の中村マネージャーさん、優しくてチャーミングな女性コンシェルジュ藤井奈央さん、そしてBMWのi3(アイスリー)EV電気自動車モデルの製作に携わった方々やBMW関係者の皆様には申し訳ないですけど・・・。BMWi3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)は「49点/100点満点」が出ちゃいました!ほんとにスミマセンm(- -)m!

私のEV電気自動に対する勝手な独自の採点判断基準<QS=EV電気自動車のクオリティ・スタンダード>(『EV電気自動車のQS/リーフEV研』)は、(1)乗り心地とユーザビリティ、(2)セーフティインテリジェンス、(3)ブランド力とデザイニング、(4)航続距離、(5)急速充電スポット、(6)V2H(ビークルツーホーム)、(7)オプションパーツ、(8)経済性とゼロエミッション、(9)補助金、(10)価格の各ナンバーアイテム10点満点の計100点満点加点制です。

それでは、BMWのi3(アイスリー)の得点を検証してみます。各アイテムナンバーは10点満点です。
(1)BMWのi3(アイスリー)乗り心地とユーザビリティ(運転操縦性とナビなどの操作性など)=5点
(2)セーフティインテリジェンス(車の安全を保つ機能はもとより最新の衝突回避等の2015年現行の搭載可能な安全システム)=9点
(3)世界に通じるブランド力とデザイニング(外見フォルムやエクステリア・インテリアデザイン)=8点
(4)一回100%満充電の航続距離=2点
(5)急速充電スポットなどのインフラ=1点
(6)V2H/ビークルツーホーム(車と家庭の電気の入出力)の利便性=0点
(7)純正またはサードパーティ製オプションパーツの充実=3点
(8)燃費・電費などの経済性とゼロエミッション=9点
(9)政府や地方自治体の補助金=10点
(10)車両価格=2点
以上、100点満点制でBMWのi3(アイスリー)は「49点」です。
ちなみに私の乗る改造リーフの元のMC(マイナー・チェンジ)後のノーマルリーフ(『リーフ赤S改造前(2)/リーフカスタム』)を採点すると、アイテム順に8+4+1+2+5+7+3+10+8+5=53点です!


・・・明日の『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研』に続く


ちなみに、当アクアライズEV研究会(リーフEV研)の勝手な<EV電気自動車のクオリティ・スタンダード>は以下のファイル
EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
EV電気自動車のQS/リーフEV研
を作成してあります。ご覧いただければ幸いです。

Text:メグ@アクアライズEV研究会


以下、BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。


【BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研 01】

BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研01
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研画像01
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研 02】
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研02
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研画像02
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研 03】
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研03
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研画像03
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研 04】
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研04
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研画像04
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研 05】
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研05
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研画像05
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪




※以上の本文中の画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ページの表示画像5枚をスライドショー440x330pxlsで見られます。


<エルベオート株式会社>情報

BMW正規ディーラー・エルベオート株式会社
□社名:エルベオート株式会社(Elbe BMW )
□設立:1984年11月20日
□本部:〒599-8271 大阪府堺市中区深井北町3401
□電話:072-277-2300
□FAX:072-277-2368
□URL:http://www.elbe-bmw.co.jp
□資本金:7,000万円
□代表者:代表取締役社長 高橋克彦
□従業員:約100名
□事業拠点:堺店/貝塚店

エルベオート株式会社公式ページ
http://www.elbe-bmw.co.jp



BMWi3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)の
スペックや価格などのお問合わせは
BMWアイ部門の中村マネージャーさん
072-277-2300>が担当しています。

中村マネージャーさん名刺/BMWi3、i3エクステンダー、i8/エルベオート株式会社/リーフEV研 ▼ここをクリックで640x400pxls.に拡大します。
名刺画像クリックで640x400に拡大します。


お店に多くの人気BMW車が展示されていますが、
BMWアイiシリーズは、
BMWi3、i3エクステンダー、スーパーカーi8
が展示車・試乗車として紹介されています。

お昼のティータイムやお暇な時に
気軽に遊びに行ってみてください♪

明るくて上品なお店には
チャーミングな藤井奈央コンシェルジュさん
藤井奈央コンシェルジュ@BMW電気自動車i3/リーフEV研 ▼ここをクリックで640x400pxls.に拡大します。
名刺画像クリックで640x400に拡大します。

はじめ多くのスタッフさんが在駐しています。
BMWi3シリーズは、
今回のように試乗すると楽しいです♪
別次元の走りです♪

※以上のお名刺は、ご本人の掲載許可をいただいています。


段落ライン/BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
★アクアライズEV研究会情報

当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

※本ブログは、私たち非営利団体である当アクアライズEV研究会(別名:「リーフEV研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)として、<NPOエコ・レボリューション>の傘下で活動しています。

<NEW>吹きだし/BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆車両:BMW電気自動車i3
◆車両(画像)提供:BMW正規ディーラー・エルベオート株式会社
◆画像提供:ビー・エム・ダブリュー株式会社
◆撮影:アクアライズEV研究会
◆プロモート:リーファーUSインターナショナル
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink

2015年07月01日

BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研

BMW電気自動車i3(4)
リーフEV研

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 カスタム <BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック



今日の紹介ファイルは『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研』です。
昨日の『BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研』ファイルの続きです。

本ファイルのタイトルは『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研』ですが、画像タイトルは全編通して『BMW電気自動車i3/リーフEV研』としています。

先日より作成してきています『BMW電気自動車i3/リーフEV研』は全6作シリーズで、このファイルを含んで今までに、
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
BMW電気自動車i3/リーフEV研
の4本がすでにアップされています。
あわせてご覧いただければ幸いです。

今回BMWi3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)のEV電気自動車モデルの記事は、私メグがテキスト担当しています。どうかよろしくお願いいたします。


■記事『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研』


先日の『BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研』の続きはこちらから・・・

さて、話は逸れましたが、一体BMW初の電気自動車i3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)は何点になるでしょうか?

当アクアライズEV研究会が『ユーザーにとって究極のEV電気自動車とは?』というテーマで勝手に作成した<EV電気自動車のクオリティ・スタンダード>(『EV電気自動車のQS/リーフEV研』)に照らし合わせて見ると、一体BMW初の電気自動車i3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)は何点になるかという設問に対して、
ずばり言ってBMWi3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)は「49点」です!

「50点満点で?」とエルベオート堺本社<正式名:エルベオート株式会社(Elbe BMW )>」の<アイ部門=BMWのi3(アイスリー)とスーパーカーi8(アイエイト)>販売部門>の中村マネージャーさんから突っ込みを入れられました!スミマセンm(- -)m!100点満点で、デス!

ちなみに、2015年7月現時点で60点取れれば優秀なEV電気自動車と評価しています。

BMWi3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)ピュアEVバージョン(レンジ・エクステンダー車ではない)はずばり「49点」!
こらっ!世界で名だたるBMWの歴史と技術と信頼と高級車として確立されたビー・エム・ダブリュー株式会社から発信されたお初のEV電気自動車i3(アイスリー)に何を言うか!素人が!と叱られそうですが、これ、当アクアライズEV研究会の勝手な<QS=EV電気自動車のクオリティ・スタンダード>(『EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研』)に測った得点です。

やはり航続距離、急速充電スポットインフラ、そして価格がねぇ~↓
たしかこのデメリットは日産リーフが2010年に売り出されたときと同じ問題点です。

それでは、明日の『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研』ページで、得点の詳細を見てみましょう。


・・・明日の『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研』に続く


ちなみに、当アクアライズEV研究会(リーフEV研)の勝手な<EV電気自動車のクオリティ・スタンダード>は以下のファイル
EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
EV電気自動車のQS/リーフEV研
を作成してあります。ご覧いただければ幸いです。

Text:メグ@アクアライズEV研究会


以下、BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研の各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。


【BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研 01】

BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研01
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研画像01
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研 02】
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研02
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研画像02
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研 03】
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研03
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研画像03
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研 04】
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研04
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研画像04
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪



【BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研 05】
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研05
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研画像05
リーフより小軽量で馬力,賢さ,価格は上のBMW初の電気自動車♪




※以上の本文中の画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ページの表示画像5枚をスライドショー440x330pxlsで見られます。


<エルベオート株式会社>情報

BMW正規ディーラー・エルベオート株式会社
□社名:エルベオート株式会社(Elbe BMW )
□設立:1984年11月20日
□本部:〒599-8271 大阪府堺市中区深井北町3401
□電話:072-277-2300
□FAX:072-277-2368
□URL:http://www.elbe-bmw.co.jp
□資本金:7,000万円
□代表者:代表取締役社長 高橋克彦
□従業員:約100名
□事業拠点:堺店/貝塚店

エルベオート株式会社公式ページ
http://www.elbe-bmw.co.jp



BMWi3(ビー・エム・ダブリュー・アイスリー)の
スペックや価格などのお問合わせは
BMWアイ部門の中村マネージャーさん
072-277-2300>が担当しています。

中村マネージャーさん名刺/BMWi3、i3エクステンダー、i8/エルベオート株式会社/リーフEV研 ▼ここをクリックで640x400pxls.に拡大します。
名刺画像クリックで640x400に拡大します。


お店に多くの人気BMW車が展示されていますが、
BMWアイiシリーズは、
BMWi3、i3エクステンダー、スーパーカーi8
が展示車・試乗車として紹介されています。

お昼のティータイムやお暇な時に
気軽に遊びに行ってみてください♪

明るくて上品なお店には
チャーミングな藤井奈央コンシェルジュさん
藤井奈央コンシェルジュ@BMW電気自動車i3/リーフEV研 ▼ここをクリックで640x400pxls.に拡大します。
名刺画像クリックで640x400に拡大します。

はじめ多くのスタッフさんが在駐しています。
BMWi3シリーズは、
今回のように試乗すると楽しいです♪
別次元の走りです♪

※以上のお名刺は、ご本人の掲載許可をいただいています。


段落ライン/BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
★アクアライズEV研究会情報

当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆車両:BMW電気自動車i3
◆車両(画像)提供:BMW正規ディーラー・エルベオート株式会社
◆画像提供:ビー・エム・ダブリュー株式会社
◆撮影:アクアライズEV研究会
◆プロモート:リーファーUSインターナショナル
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink
ギャラリー
  • 新ブログページに移転/リーフ改造
  • 新ブログページに移転/リーフ改造
  • 新ブログページに移転/リーフ改造
  • 新ブログページに移転/リーフ改造
  • 新ブログページに移転/リーフ改造
  • 新ブログページに移転/リーフ改造
  • 新ブログページに移転/リーフ改造
  • 新ブログページに移転/リーフ改造
  • 新ブログページに移転/リーフ改造