ロールス・ロイス

2016年09月28日

ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ

ロールス・ロイス103EXエレノア
エコレボ

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
エコレボ ロールスロイスEV <ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ>検索ボタン
上のキーワードでGoogle「画像」検索は、
▼ここをクリック

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
Google<地球温暖化 リーフ改造>で画像検索



  今回の紹介ブログは、『ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ』です。

  前回(昨日)のブログ『ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ』の続きです。画像タイトルは、先日から作成してきているロールス・ロイス関連ファイルに合わせて「ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ」として統一しています。

  ロールスロイスビジョンネクスト100コンセプトについては、このブログページを含んで、以下のブログ
ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ
ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ
ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ
ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ
ロールスロイスEVコンセプト(3)/エコレボ
ロールスロイスEVコンセプト(2)/エコレボ
ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ
を作成してあります。あわせてご覧いただければ幸いです。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「EVリーフ改造」や「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※NPO法人エコ・レボリューションは、今乗っているガソリン車をEV電気自動車に乗り換えて、規制対象の排出ガス汚染物質の削減=ゼロエミッション活動を通じて「ストップ・ザ・地球温暖化」に地域レベルで貢献することを旨として、現在「乗換えにはEV、今こそ決断♪」を推進しています。


■記事『ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ』

・・・前回『ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ』のブログの続きは以下です。


【ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ 01】
ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ01
ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ画像01
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  実際、今回のロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXの音声認識技術採用のバーチャルアシスタンス機能のシステムの名は「エレノア・ソーントン(Eleanor Thornton)」です。そう、ロールス・ロイスのノーズ先端のマスコットシンボル彫像「スピリット・オブ・エクスタシー The spirit of Ecstasy」のモデルとなった女性の名前と同じです。このロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXのイメージから、私はハリウッド映画『 her/世界でひとつの彼女 (2013) HER 』を思い出しました。


【ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ 02】
ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ02
ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ画像02
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  映画の森てんこ森から引用しますと、<映画『 her/世界でひとつの彼女 (2013) HER 』は、スパイク・ジョーンズ監督・脚本による2013年のアメリカ合衆国のSF恋愛映画でコンピュータのオペレーティングシステムの“サマンサ”(スカーレット・ヨハンソン『 LUCY/ルーシー (2014) LUCY 』『 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014) CAPTAIN AMERICA: THE WINTER SOLDIER 』『 her/世界でひとつの彼女 (2013) HER 』『 ヒッチコック (2012) HITCHCOCK 』『 アベンジャーズ (2012) THE AVENGERS 』『 幸せへのキセキ (2011) WE BOUGHT A ZOO 』『 アイアンマン2 (2010) IRON MAN 2 』『 マッチポイント (2005) MATCH POINT 』『 アイランド (2005) THE ISLAND 』『 イン・グッド・カンパニー (2004) SYNERGY / IN GOOD COMPANY 』『 ママの遺したラヴソング (2004) A LOVE SONG FOR BOBBY LONG 』『 スポンジ・ボブ/スクエアパンツ (2004) THE SPONGEBOB SQUAREPANTS MOVIE 』『 理想の女(ひと) (2004) A GOOD WOMAN 』『 ロスト・イン・トランスレーション (2003) LOST IN TRANSLATION 』『 真珠の耳飾りの少女 (2003) GIRL WITH A PEARL EARRING 』『 スパイダー パニック! (2002) EIGHT LEGGED FREAKS 』『 バーバー (2001) THE MAN WHO WASN'T THERE 』『 ゴーストワールド (2001) 』等)と名乗る声に恋をする主人公男セオドア(『 グラディエーター (2000) GLADIATOR 』のコモデゥス役でアカデミー賞助演男優賞ノミネート、『 ウォーク・ザ・ライン/君につづく道 (2005) WALK THE LINE 』『 ザ・マスター (2012) THE MASTER 』でアカデミー賞主演男優賞ノミネートのホアキン・フェニックス)を描いた物語。コンピュータが現在よりも進化した近未来に、離婚問題で傷心の作家とAI(人工知能)型OS(オペレーティング・システム)の声だけの女性“サマンサ”と心を通わせ、本気で恋に落ちていく男の姿を切なくも愛おしく描く。誰も観たことのない、ラブストーリー。映画で誰も感じたことのない愛おしさ、切なさ。>と紹介されています。


【ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ 03】
ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ03
ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ画像03
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  あ、映画好きなもんで話が逸れました。さて、超高速回線を導入しているであろうロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXの音声認識技術採用のバーチャルアシスタンス機能システム名「エレノア」のネーミングには、ある種の原点復帰とロマンを感じます。IoTテクノロジーが進化する100年先にあっても、ロールス・ロイスに乗るオーナーにとっては、ロールス・ロイスは、ステータスの象徴です。ロールス・ロイスは、上品で瀟洒でいて威厳のある豪華さを具現したデザインを、熟練のアーチザン(職人)によって作り込まれた、ゴージャスでロマンティックでホット(伝統的)でクール(最新的)で憧れの存在であり続けてほしいと思います。


  ちなみに、当NPOエコレボリューション(<エコレボNET><エコ・レボCOM><エコレボINFO>)は、「BMW Vision Next 100 Concept(BMWビジョンネクスト100コンセプト)」やBMWi3についてはレンジエクステンダー車でなくて、100%バッテリー仕様のBEV電気自動車「BMWi3EV」関連のブログを以下のようにアップしています。※「BMWグループが創立100周年を迎える」のBMW公式PDF案内書、又は当ブログ編集のJPG文書参照。
160724『BMWビジョンネクスト100(5)/NPOエコレボ
160723『BMWビジョンネクスト100(4)/NPOエコレボ
160722『BMWビジョンネクスト100(3)/NPOエコレボ
160721『BMWビジョンネクスト100(2)/NPOエコレボ
160720『BMWビジョンネクスト100/NPOエコレボ
151216『BMWi3(5)/大阪モーターショー2015
151215『BMWi3(4)/大阪モーターショー2015
151214『BMWi3(3)/大阪モーターショー2015
151213『BMWi3(2)/大阪モーターショー2015
151212『BMWi3/大阪モーターショー2015
150714『EVメーカーのSDとCSR(3)EV研究会
150713『EVメーカーのSDとCSR(2)/EV研究会
150712『EVメーカーのSDとCSR/EV研究会
150710『EVメーカーのCSR(3)/リーフEV研
150709『EVメーカーのCSR(2)/リーフEV研
150708『EVメーカーのCSR/リーフEV研
150707『EVメーカーの急速充電(3)/リーフEV研
150706『EVメーカーの急速充電(2)/リーフEV研
150705『EVメーカーの急速充電/リーフEV研
150704『BMWi3EV型のスペック/エルベオート
150703『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
150702『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
150701『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
150606『EV電気自動車のASV(3)/リーフEV研
150605『EV電気自動車のASV(2)/リーフEV研
150604『EV電気自動車のASV/リーフEV研
150603『EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
150602『EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
150601『EV電気自動車のQS/リーフEV研
150530『BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
150529『BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
150528『BMW電気自動車i3/リーフEV研
  あわせてご覧いただければ幸いです。

□テキスト編集:Ann, Hiro & Megima__


  以上、ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボの各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログページのすべての画像3枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。

※本ブログ「ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ」8作の全画像24枚を320x240大のスライドショーで見られます。


段落ライン/ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆画像引用:各画像に記載
◆撮影:各画像に記載
◆画像編集:NPO法人エコ・レボリューション、アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:NPO法人エコ・レボリューション、リーファーUS 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


ロールス・ロイス103EXエレノア/エコレボ=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink

2016年09月27日

ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ

ロールス・ロイスEV103EX(3)
エコレボ

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
エコレボ ロールスロイスEV <ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ>検索ボタン
上のキーワードでGoogle「画像」検索は、
▼ここをクリック

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
Google<地球温暖化 リーフ改造>で画像検索



  今回の紹介ブログは、『ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ』です。

  前回(昨日)のブログ『ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ』の続きです。
  前々回(一昨日)のブログ『ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ』から続いています。
  画像タイトルは、先日から作成してきているロールス・ロイス関連ファイルに合わせて「ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ」として統一しています。

  ロールスロイスビジョンネクスト100コンセプトについては、以下のブログ
ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ
ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ
ロールスロイスEVコンセプト(3)/エコレボ
ロールスロイスEVコンセプト(2)/エコレボ
ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ
を作成してあります。あわせてご覧いただければ幸いです。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「EVリーフ改造」や「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※NPO法人エコ・レボリューションは、今乗っているガソリン車をEV電気自動車に乗り換えて、規制対象の排出ガス汚染物質の削減=ゼロエミッション活動を通じて「ストップ・ザ・地球温暖化」に地域レベルで貢献することを旨として、現在「乗換えにはEV、今こそ決断♪」を推進しています。


■記事『ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ』

・・・前回『ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ』のブログの続きは以下です。


  今回のロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXの音声認識技術採用のバーチャルアシスタンス機能の情報がないので、詳しくは分かりませんが、恐らくロールス・ロイス社がIoTをもっと発展させてPIMをクラウド管理するでしょう。その際クルマに搭載するネット環境がテスラS(『テスラ自動運転試乗(4)/幸田幸』『テスラ自動運転試乗(3)/幸田幸』『テスラ自動運転試乗(2)/幸田幸』『テスラ自動運転試乗/幸田幸』等)の3GやLTE回線では、膨大な情報管理と高速処理はできません。もっと高速大量伝達できる光回線を使ったクルマとのネット環境が不可欠でしょう。現在NECで新開発された40G ROADM(Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexer:遠隔波長制御可能な波長多重化装置)を載せることも想定されているのかもしれません。


【ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ 01】
ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ01
ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ画像01
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  因みに、NECの「40G ROADM(Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexer:遠隔波長制御可能な波長多重化装置)」について公式ページを引用しますと、<現在日本では、光ファイバーなどによるブロードバンド・サービスが急速に普及しています。このブロードバンドサービスは今後さらに進化し、IPTVなどの映像配信や、FMC(固定・移動通信の融合)による新しいサービスの本格化などによって音声、映像、データ等のトラフィックの飛躍的な増大が見込まれています。このような状況に伴い、新たなブロードバンド・サービスを支える基幹ネットワークでは、高速かつ大容量通信の実現というニーズが高まっています。>とあります。


【ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ 02】
ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ02
ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ画像02
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  さらにNECの解説を続けて引用しますと、<このようなニーズに応え、NECは新しいソリューションを開発しました。ROADM(Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexer::遠隔波長制御可能な波長多重化装置)と呼ばれ、光ファイバーの「革命」とも言える、高速かつ大容量で、長距離にわたる信号伝送が可能な光伝送システムです。このROADMは、NECの先進技術によって伝送速度が毎秒40ギガビット(現状基幹網の4倍の伝送速度)、最大多重波長数80波を実現しました。これは、ハリウッド映画1000本を瞬時に転送する速度に相当します。>と書かれています。


【ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ 03】
ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ03
ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ画像03
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  もし、今回のロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXの音声認識技術採用のバーチャルアシスタンス機能がクラウド環境にあるなら、多くの状況を処理してオーナーの的確な情報を提供することになります。・・・つづく


  ちなみに、当NPOエコレボリューション(<エコレボNET><エコ・レボCOM><エコレボINFO>)は、「BMW Vision Next 100 Concept(BMWビジョンネクスト100コンセプト)」やBMWi3についてはレンジエクステンダー車でなくて、100%バッテリー仕様のBEV電気自動車「BMWi3EV」関連のブログを以下のようにアップしています。※「BMWグループが創立100周年を迎える」のBMW公式PDF案内書、又は当ブログ編集のJPG文書参照。
160724『BMWビジョンネクスト100(5)/NPOエコレボ
160723『BMWビジョンネクスト100(4)/NPOエコレボ
160722『BMWビジョンネクスト100(3)/NPOエコレボ
160721『BMWビジョンネクスト100(2)/NPOエコレボ
160720『BMWビジョンネクスト100/NPOエコレボ
151216『BMWi3(5)/大阪モーターショー2015
151215『BMWi3(4)/大阪モーターショー2015
151214『BMWi3(3)/大阪モーターショー2015
151213『BMWi3(2)/大阪モーターショー2015
151212『BMWi3/大阪モーターショー2015
150714『EVメーカーのSDとCSR(3)EV研究会
150713『EVメーカーのSDとCSR(2)/EV研究会
150712『EVメーカーのSDとCSR/EV研究会
150710『EVメーカーのCSR(3)/リーフEV研
150709『EVメーカーのCSR(2)/リーフEV研
150708『EVメーカーのCSR/リーフEV研
150707『EVメーカーの急速充電(3)/リーフEV研
150706『EVメーカーの急速充電(2)/リーフEV研
150705『EVメーカーの急速充電/リーフEV研
150704『BMWi3EV型のスペック/エルベオート
150703『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
150702『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
150701『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
150606『EV電気自動車のASV(3)/リーフEV研
150605『EV電気自動車のASV(2)/リーフEV研
150604『EV電気自動車のASV/リーフEV研
150603『EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
150602『EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
150601『EV電気自動車のQS/リーフEV研
150530『BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
150529『BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
150528『BMW電気自動車i3/リーフEV研
  あわせてご覧いただければ幸いです。

□テキスト編集:Ann, Hiro & Megima__


  以上、ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボの各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログページのすべての画像3枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。

※本ブログ「ロールス・ロイスEV103EX/エコレボ」3作の全画像9枚を320x240大のスライドショーで見られます。


段落ライン/ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆画像引用:各画像に記載
◆撮影:各画像に記載
◆画像編集:NPO法人エコ・レボリューション、アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:NPO法人エコ・レボリューション、リーファーUS 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


ロールス・ロイスEV103EX(3)/エコレボ=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink

2016年09月26日

ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ

ロールス・ロイスEV103EX(2)
エコレボ

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
エコレボ ロールスロイスEV <ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ>検索ボタン
上のキーワードでGoogle「画像」検索は、
▼ここをクリック

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
Google<地球温暖化 リーフ改造>で画像検索



  今回の紹介ブログは、『ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ』です。

 前回(昨日)のブログ『ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ』の続きです。
  画像タイトルは、先日から作成してきているロールス・ロイス関連ファイルに合わせて「ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ」として統一しています。

  ロールスロイスビジョンネクスト100コンセプトについては、以下のブログ
ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ
ロールスロイスEVコンセプト(3)/エコレボ
ロールスロイスEVコンセプト(2)/エコレボ
ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ
を作成してあります。あわせてご覧いただければ幸いです。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「EVリーフ改造」や「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※NPO法人エコ・レボリューションは、今乗っているガソリン車をEV電気自動車に乗り換えて、規制対象の排出ガス汚染物質の削減=ゼロエミッション活動を通じて「ストップ・ザ・地球温暖化」に地域レベルで貢献することを旨として、現在「乗換えにはEV、今こそ決断♪」を推進しています。


■記事『ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ』

・・・前回『ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ』のブログの続きは以下です。


  今回のロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXは、ロールス・ロイス社のデザインディレクター、Giles Taylorジャイルズ・テイラー氏によると、「革新的な素材を用いた手作りのシャシーに、完全な自律走行機能を備えたコーチビルドのラグジュアリーカー」と説明されています。ロールス・ロイスと言えば、「パルテノン神殿」と呼ばれるロールス・ロイス伝統のラジエーターグリルですが、100年先も健在です。超長いロングノーズの先端にロールス・ロイスのシンボルである「スピリット・オブ・エクスタシー」の彫像があるのもバランスオフアンバランスというか、ドキッとさせられるスタイリッシュさです。


【ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ 01】
ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ01
ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ画像01
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  因みに、「スピリット・オブ・エクスタシー - Wikipedia」を引用すると、<スピリット・オブ・エクスタシー(The spirit of Ecstasy)はロールス・ロイスの公式マスコットである。一般には「フライング・レディ」とも呼ばれる。1910年頃自動車雑誌「The Car」の編集者であったジョン・ダグラス・スコット・モンタギュー(John Douglas-Scott-Montagu, 2nd Baron Montagu of Beaulieu)が自分のロールス・ロイス・シルヴァーゴーストの高性能にふさわしいマスコットを装着しようと考え、友人の彫刻家チャールズ・ロビンソン・サイクス(Charles Robinson Sykes)に製作を依頼した。サイクスは過去に手がけていた『シルバー・ファンシー』という作品を元にイメージを膨らませ、モンタギューの秘書もしくはモンタギューの父の秘書であったエレノア・ヴェラスコ・ソーントン(Eleanor Velasco Thornton)をモデルとし、ニーケーに似た女性のマスコットを完成させ、『スピリット・オブ・エクスタシー』と名付けた。その後モンタギューとクロード・ジョンソンの話し合いの結果、1911年もしくは1912年からロールス・ロイスの正式なマスコットとなった。>と記載されています。へえ、そうだったんだ♪


【ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ 02】
ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ02
ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ画像02
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  さて、今回のロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXのインテリアですが、家庭のオシャレなリビングを思わせるリムジンのように広々としたキャビンコンパートメントには、マカッサル黒檀(コクタン)の柔らかい黒の色相、いわばエボニーウッドパネルや手織りのシルクカーペット、ソフトシルクなどの高級素材があしらわれ、豪華な空間を演出しています。そしてイギリス紳士には欠かせない伝統の傘も継承されているところがイングリッシュマンのチャメッ気でしょうか。


【ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ 03】
ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ03
ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ画像03
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  そして極めつけはAI(人工知能)です。現時点ではPIM(Personal Information Manager)という個人情報を管理するアプリケーションソフトウェア)をインストールすればオーナー個人のスケジュール管理は出来ますが、このロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXでは、さらに進んだもっとフレキシブルなルートやスケジュール管理をして、ロールス・ロイスオーナーにアドバイスする音声認識技術採用のバーチャルアシスタンス機能も備えられてます。・・・つづく


  ちなみに、当NPOエコレボリューション(<エコレボNET><エコ・レボCOM><エコレボINFO>)は、「BMW Vision Next 100 Concept(BMWビジョンネクスト100コンセプト)」やBMWi3についてはレンジエクステンダー車でなくて、100%バッテリー仕様のBEV電気自動車「BMWi3EV」関連のブログを以下のようにアップしています。※「BMWグループが創立100周年を迎える」のBMW公式PDF案内書、又は当ブログ編集のJPG文書参照。
160724『BMWビジョンネクスト100(5)/NPOエコレボ
160723『BMWビジョンネクスト100(4)/NPOエコレボ
160722『BMWビジョンネクスト100(3)/NPOエコレボ
160721『BMWビジョンネクスト100(2)/NPOエコレボ
160720『BMWビジョンネクスト100/NPOエコレボ
151216『BMWi3(5)/大阪モーターショー2015
151215『BMWi3(4)/大阪モーターショー2015
151214『BMWi3(3)/大阪モーターショー2015
151213『BMWi3(2)/大阪モーターショー2015
151212『BMWi3/大阪モーターショー2015
150714『EVメーカーのSDとCSR(3)EV研究会
150713『EVメーカーのSDとCSR(2)/EV研究会
150712『EVメーカーのSDとCSR/EV研究会
150710『EVメーカーのCSR(3)/リーフEV研
150709『EVメーカーのCSR(2)/リーフEV研
150708『EVメーカーのCSR/リーフEV研
150707『EVメーカーの急速充電(3)/リーフEV研
150706『EVメーカーの急速充電(2)/リーフEV研
150705『EVメーカーの急速充電/リーフEV研
150704『BMWi3EV型のスペック/エルベオート
150703『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
150702『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
150701『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
150606『EV電気自動車のASV(3)/リーフEV研
150605『EV電気自動車のASV(2)/リーフEV研
150604『EV電気自動車のASV/リーフEV研
150603『EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
150602『EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
150601『EV電気自動車のQS/リーフEV研
150530『BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
150529『BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
150528『BMW電気自動車i3/リーフEV研
  あわせてご覧いただければ幸いです。

□テキスト編集:Ann, Hiro & Megima__


  以上、ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボの各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログページのすべての画像3枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。

段落ライン/ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆画像引用:各画像に記載
◆撮影:各画像に記載
◆画像編集:NPO法人エコ・レボリューション、アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:NPO法人エコ・レボリューション、リーファーUS 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


ロールス・ロイスEV103EX(2)/エコレボ=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink

2016年09月25日

ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ

ロールス・ロイスEV103EX
NPOエコレボ

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
エコレボ ロールスロイスEV <ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ>検索ボタン
上のキーワードでGoogle「画像」検索は、
▼ここをクリック

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
Google<地球温暖化 リーフ改造>で画像検索



  今回の紹介ブログは、『ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ』です。

  画像タイトルは、先日から作成してきているロールス・ロイス関連ファイルに合わせて「ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ」として統一しています。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「EVリーフ改造」や「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※NPO法人エコ・レボリューションは、今乗っているガソリン車をEV電気自動車に乗り換えて、規制対象の排出ガス汚染物質の削減=ゼロエミッション活動を通じて「ストップ・ザ・地球温暖化」に地域レベルで貢献することを旨として、現在「乗換えにはEV、今こそ決断♪」を推進しています。


■記事『ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ』

  ロールスロイスビジョンネクスト100コンセプトについては、以下のブログ
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ
ロールスロイスEVコンセプト(3)/エコレボ
ロールスロイスEVコンセプト(2)/エコレボ
ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ
を作成してあります。あわせてご覧いただければ幸いです。


【ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ 01】
ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ01
ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ画像01
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  今回「BMW Vision Next 100 Concept(BMWビジョンネクスト100コンセプト)」に呼応してワールドプレミアされたロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXは、ロールス・ロイス社のデザインディレクター、Giles Taylorジャイルズ・テイラー氏がボスの103EXデザインチームによって開発・製作されたクルマです。103EXについては、一番興味があるパワートレインについては、「BMW Vision Next 100 Concept(BMWビジョンネクスト100コンセプト)」同様、詳しい公式ドキュメントは私は見つけられませんでした。しかし現時点で有り得る未来のパワートレインは、バッテリーEV電気自動車かFCV燃料電池車でしょうか。それとも100年先は想像もできない、念力で駆動するテレパシーパワートレインでしょうか?


【ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ 02】
ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ02
ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ画像02
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  今回のロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXのボディーは、今のクルマのジャンルで言い表すと「2ドアクーペです。プロポーションはとても長く感じるロングノーズに上品なリビングルームと言っても良いキャビンを結合させてあるような印象を受けます。長いロングノーズの理由の一つに、カバーされたタイヤとドアの間にトランクスペースが用意されています。


【ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ 03】
ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ03
ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ画像03
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  一般的に、未来のコンセプトカーと言うと、当アクアライズEV研究会とNPOエコレボリューション(<エコレボNET><エコ・レボCOM><エコレボINFO>)でも書いていますが、コンセプトテーマはEV(電気自動車)とASV(先進安全自動車)とAI(人工知能)、そしてSD(サステナビリティ・持続性のある開発・持続性のある社会への貢献)です。今回のロールス・ロイスのビジョン・ネクスト100コンセプトカー103EXでは、完全自動運転車でASVレベル5の完全な自律走行機能を持ったクルマです。そのためにステアリング・ホイール(ハンドル)もなく、当然アクセルもブレーキもありません。したがってドライバーズシート(運転席)と助手席もありません。まあ、運転スペースのない空間で2人掛けのソファーが設置された高級リムジンです。家庭のリビングルームで4KTVモニターを前にしてソファーに座って寛いでいるラグジュアリータイムを想像出来ます。実際103EXのダッシュボードにはアナログ時計と透明のOLEDディスプレイが設備されています。・・・つづく


  ちなみに、当NPOエコレボリューション(<エコレボNET><エコ・レボCOM><エコレボINFO>)は、「BMW Vision Next 100 Concept(BMWビジョンネクスト100コンセプト)」やBMWi3についてはレンジエクステンダー車でなくて、100%バッテリー仕様のBEV電気自動車「BMWi3EV」関連のブログを以下のようにアップしています。※「BMWグループが創立100周年を迎える」のBMW公式PDF案内書、又は当ブログ編集のJPG文書参照。
160724『BMWビジョンネクスト100(5)/NPOエコレボ
160723『BMWビジョンネクスト100(4)/NPOエコレボ
160722『BMWビジョンネクスト100(3)/NPOエコレボ
160721『BMWビジョンネクスト100(2)/NPOエコレボ
160720『BMWビジョンネクスト100/NPOエコレボ
151216『BMWi3(5)/大阪モーターショー2015
151215『BMWi3(4)/大阪モーターショー2015
151214『BMWi3(3)/大阪モーターショー2015
151213『BMWi3(2)/大阪モーターショー2015
151212『BMWi3/大阪モーターショー2015
150714『EVメーカーのSDとCSR(3)EV研究会
150713『EVメーカーのSDとCSR(2)/EV研究会
150712『EVメーカーのSDとCSR/EV研究会
150710『EVメーカーのCSR(3)/リーフEV研
150709『EVメーカーのCSR(2)/リーフEV研
150708『EVメーカーのCSR/リーフEV研
150707『EVメーカーの急速充電(3)/リーフEV研
150706『EVメーカーの急速充電(2)/リーフEV研
150705『EVメーカーの急速充電/リーフEV研
150704『BMWi3EV型のスペック/エルベオート
150703『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
150702『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
150701『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
150606『EV電気自動車のASV(3)/リーフEV研
150605『EV電気自動車のASV(2)/リーフEV研
150604『EV電気自動車のASV/リーフEV研
150603『EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
150602『EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
150601『EV電気自動車のQS/リーフEV研
150530『BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
150529『BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
150528『BMW電気自動車i3/リーフEV研
  あわせてご覧いただければ幸いです。

□テキスト編集:Ann, Hiro & Megima__


  以上、ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボの各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログページのすべての画像3枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。

段落ライン/ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆画像引用:各画像に記載
◆撮影:各画像に記載
◆画像編集:NPO法人エコ・レボリューション、アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:NPO法人エコ・レボリューション、リーファーUS 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


ロールス・ロイスEV103EX/NPOエコレボ=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink

2016年09月24日

ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ

ロールスロイスEVコーンズ
NPOエコレボ

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
エコレボ ロールスロイスEV <ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ>検索ボタン
上のキーワードでGoogle「画像」検索は、
▼ここをクリック

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
Google<地球温暖化 リーフ改造>で画像検索



  今回の紹介ブログは、『ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ』です。

  画像タイトルは、先日から作成してきているロールス・ロイス関連ファイルに合わせて「ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ」として統一しています。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「EVリーフ改造」や「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※NPO法人エコ・レボリューションは、今乗っているガソリン車をEV電気自動車に乗り換えて、規制対象の排出ガス汚染物質の削減=ゼロエミッション活動を通じて「ストップ・ザ・地球温暖化」に地域レベルで貢献することを旨として、現在「乗換えにはEV、今こそ決断♪」を推進しています。


■記事『ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ』

  ロールスロイスビジョンネクスト100コンセプトについては、以下のブログ
◎160923『ロールスロイスEVコンセプト(3)/エコレボ
◎160922『ロールスロイスEVコンセプト(2)/エコレボ
◎160921『ロールスロイスEVコンセプト/エコレボ
を作成してあります。あわせてご覧いただければ幸いです。


【ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ 01】
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ01
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ画像01
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  ロールス・ロイスは、日本ではコーンズ(日本語コーンズ/英語CORNES)が取り扱っています。コーンズとはフェラーリ、ベントレー、ロールス・ロイス、ランボルギーニの高級車の正規販売代理店で、正式にはコーンズ・モータース(株)といいます。「コーンズ-Wikipedia」から引用すると。<コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド(Cornes & Co., Ltd. )は、東京を拠点とする、外資系(香港資本)の総合商社である。事業内容は、日本国内における高級乗用車(ロールス・ロイス、ベントレー、フェラーリ、ランボルギーニ)の販売、農業機械、産業機械、香料、電子デバイスの輸入、保険代理業、環境関連事業などである。>とあります。


【ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ 02】
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ02
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ画像02
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  さらに、ロールス・ロイスをはじめ、日本国内における高級乗用車(ベントレー、フェラーリ、ランボルギーニ)の正規代理店であるコーンズ(日本語コーンズ/英語CORNES)について引用を続けると、<子会社のコーンズ・モータースが東京・芝地区や南青山、名古屋、大阪地区に直営のショールーム・サービスセンターを構えるほか、それ以外の地域では各ブランドを扱う認定代理店と契約している。また、大阪サービスセンターが、2009年夏に東大阪市から大阪市南港地区へ移転した。建物の設計は丹下憲孝である。現在は、以下のブランドの車種を取り扱う。ロールス・ロイス - 日本における販売代理店である。1964年から2001年までは、日本への輸入権を所有していた。2001年以降は、フォルクスワーゲングループジャパンが日本への輸入者となっている。2004年以降はロールスロイスモーターカーズリミテッドが輸入元である。ベントレー - 日本における販売代理店である。ロールスロイスと同様の経緯であるが、ベントレー青山ショールームは、新車発表会などにも使用される。フェラーリ - 日本における販売代理店で、東京、大阪、名古屋にショールームとサービスセンターを構える。2008年まで日本への輸入権を所有していた。ランボルギーニ - 2013年6月8日より青山ショールームにて取り扱いを開始。過去には、アルファロメオ、フィアット、アストンマーティン、ローバー、マセラティを取り扱っていたこともある。>と記載されています。


【ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ 03】
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ03
ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ画像03
ロールス・ロイスビジョンネクスト100コンセプトEV自動運転AIエレノア♪

  このコーンズ・モータース公式ブログでは今回の「2016年7月8日/ロールス・ロイスコンセプトカー103EX」のブログが公開されています。引用して紹介しますと、<Jul 08, 2016 Rolls-Royce|ロールス・ロイス大阪|ロールス・ロイス東京 いつもコーンズブログをご覧いただき誠にありがとうございます。マーケティングのオスカーでございます。さて、ロールス・ロイスでは、次の100年を意識してデザインされたコンセプトカー、「103EX」が発表されました。この全長6メートルを超えるラグジュアリークーペスタイルのコンセプトカー、一見すると奇抜なデザインですが、そこには今後のロールス・ロイス車に採用されるであろう様々な技術が詰まっているように思えます。その一つが、人工知能「エレノア」です。この「エレノア」が搭載されているおかげで、103EXは自動運転が可能になり、車内にはハンドルや、いわゆるドライバーズシートが存在しません。あるのは後部座席のようなソファのみで、クーペスタイルながらまるで運転手付きのショーファードカーのように使うことができます。シャシーはカーボン製のようで、今後の市販車にも採用されればかなりの軽量化が期待できますね。トランクスペースはこんなところに。ロールス・ロイス伝統の傘はコンセプトカーでも健在です。日々進歩している自動運転技術ですが、ロールス・ロイスも近い将来この103EXのような車が市販化されることを期待したいですね。>と画像とともに簡潔に書き綴られています。さすがロールスロイスの専門家です。・・・つづく


  ちなみに、当NPOエコレボリューション(<エコレボNET><エコ・レボCOM><エコレボINFO>)は、「BMW Vision Next 100 Concept(BMWビジョンネクスト100コンセプト)」やBMWi3についてはレンジエクステンダー車でなくて、100%バッテリー仕様のBEV電気自動車「BMWi3EV」関連のブログを以下のようにアップしています。※「BMWグループが創立100周年を迎える」のBMW公式PDF案内書、又は当ブログ編集のJPG文書参照。
160724『BMWビジョンネクスト100(5)/NPOエコレボ
160723『BMWビジョンネクスト100(4)/NPOエコレボ
160722『BMWビジョンネクスト100(3)/NPOエコレボ
160721『BMWビジョンネクスト100(2)/NPOエコレボ
160720『BMWビジョンネクスト100/NPOエコレボ
151216『BMWi3(5)/大阪モーターショー2015
151215『BMWi3(4)/大阪モーターショー2015
151214『BMWi3(3)/大阪モーターショー2015
151213『BMWi3(2)/大阪モーターショー2015
151212『BMWi3/大阪モーターショー2015
150714『EVメーカーのSDとCSR(3)EV研究会
150713『EVメーカーのSDとCSR(2)/EV研究会
150712『EVメーカーのSDとCSR/EV研究会
150710『EVメーカーのCSR(3)/リーフEV研
150709『EVメーカーのCSR(2)/リーフEV研
150708『EVメーカーのCSR/リーフEV研
150707『EVメーカーの急速充電(3)/リーフEV研
150706『EVメーカーの急速充電(2)/リーフEV研
150705『EVメーカーの急速充電/リーフEV研
150704『BMWi3EV型のスペック/エルベオート
150703『BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
150702『BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
150701『BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
150606『EV電気自動車のASV(3)/リーフEV研
150605『EV電気自動車のASV(2)/リーフEV研
150604『EV電気自動車のASV/リーフEV研
150603『EV電気自動車のQS(3)/リーフEV研
150602『EV電気自動車のQS(2)/リーフEV研
150601『EV電気自動車のQS/リーフEV研
150530『BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
150529『BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
150528『BMW電気自動車i3/リーフEV研
  あわせてご覧いただければ幸いです。

□テキスト編集:Ann, Hiro & Megima__


  以上、ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボの各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログページのすべての画像3枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。

段落ライン/ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆画像引用:各画像に記載
◆撮影:各画像に記載
◆画像編集:NPO法人エコ・レボリューション、アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:NPO法人エコ・レボリューション、リーファーUS 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


ロールスロイスEVコーンズ/NPOエコレボ=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00|Permalink
ギャラリー
  • テスラJTBおでかけCard/NPOエコレボ
  • テスラJTBおでかけCard/NPOエコレボ
  • テスラJTBおでかけCard/NPOエコレボ
  • テスラJTBおでかけCard/NPOエコレボ
  • テスラJTBおでかけCard/NPOエコレボ
  • テスラJTBおでかけCard/NPOエコレボ
  • テスラJTBおでかけCard/NPOエコレボ
  • テスラJTBおでかけCard/NPOエコレボ
  • テスラJTBおでかけCard/NPOエコレボ