2016年10月20日

ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ

ベンツ電気自動車EQ(9)
エコレボ

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
ここをクリックでこのページだけ表示
---最新ページ更新---
【ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
エコレボ ベンツ電気自動車 <リーフ長距離運転篠山(2)/リーフ改造>検索ボタン
上のキーワードでGoogle「画像」検索は、
▼ここをクリック

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。

Google<地球温暖化 リーフ改造>で画像検索



  今回の紹介ブログは、『ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ』です。

  「ベンツ電気自動車EQコンセプト/エコレボ」のブログ記事は先日より、9作シリーズ編として、以下のように
ベンツ電気自動車EQ(8)/エコレボ
ベンツ電気自動車EQ(7)/エコレボ
ベンツ電気自動車EQ(6)/エコレボ
ベンツ電気自動車EQ(5)/エコレボ
ベンツ電気自動車EQ(4)/エコレボ
ベンツ電気自動車EQ(3)/エコレボ
ベンツ電気自動車EQ(2)/エコレボ
ベンツ電気自動車EQコンセプト/エコレボ
作成してアップしてあります。あわせてご覧いただければ幸いです。画像タイトルは「ベンツ電気自動車EQコンセプト/エコレボ」で統一しています。


※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「EVリーフ改造」や「リーフEV研」や「リーフ改造研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)NPO法人エコ・レボリューション(NPO法人エコ・レボリューションCOMまたはNPO法人エコ・レボリューションNET、そしてNPO法人エコ・レボリューションINFO)の傘下で活動しています。

※NPO法人エコ・レボリューションは、今乗っているガソリン車をEV電気自動車に乗り換えて、規制対象の排出ガス汚染物質の削減=ゼロエミッション活動を通じて「ストップ・ザ・地球温暖化」に地域レベルで貢献することを旨として、現在「乗換えにはEV、今こそ決断♪」を推進しています。


■記事『ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ』

・・・前回(昨日)のブログ『ベンツ電気自動車EQ(8)/エコレボ』の続きは以下です。


  「パリモーターショー2016ベンツ/NPOエコレボ」の関連ブログは、以下
パリモーターショーEVスマート(3)/エコレボ
パリモーターショーEVスマート(2)/エコレボ
パリモーターショーベンツEVスマート/エコレボ
パリモーターショー2016ベンツ(2)/エコレボ
パリモーターショー2016ベンツ/NPOエコレボ
のように作成アップしてあります。あわせてご覧いただければ幸いです。

【ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ 01】
ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ01
ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ画像01
パリモーターショー2016メルセデスEQブランドEVクロスオーバーSUV♪


  メルセデスベンツEQクロスオーバーSUVは、パリモーターショー2016において、メルセデス・ベンツから世界発信された新サブブランド「EQ」からワールドプレミアされたコンセプトカーです。「EQ」とは、「Electric Intelligence エレクトリック・インテリジェンス、Emotion and Intelligenceエモーション&インテリジェンス」の二つの意味が込められています。「EQ」と聞くと、「Emotional Intelligence Quotient エモーショナル・インテリジェンス・クォーシェント=心の知能指数」を思い起こします。メルセデス・ベンツのこの「EQ」を考え出した人はクルマがやがてAI人工知能を備えて、新しい概念である「心の知能指数」の領域に入ることも視野に入れての命名なのでしょうかって、ヘビーリーファーの幸田幸@映画の森てんこ森((『テスラ自動運転試乗(4)/幸田幸』『テスラ自動運転試乗(3)/幸田幸』『テスラ自動運転試乗(2)/幸田幸』『テスラ自動運転試乗/幸田幸』等))さんがおっしゃっていました。

【ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ 02】
ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ02
ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ画像02
パリモーターショー2016メルセデスEQブランドEVクロスオーバーSUV♪


  以下にメルセデスベンツEQクロスオーバーSUVの簡単なスペックを紹介します。
■電気モーター: フロントとリアの2個
■最大出力: 408ps
■最大トルク: 71.4kgm
■航続距離: 500km
■リチウムイオンバッテリー容量: 70kWh
■KG社製リチウムイオンバッテリーパック) ドイツ・カーメンツにあるダイムラーの子会社Deutsche ACCUmotive GmbH & Co. (ドイチェ アキュモーティブ)社が生産
■充電時間: 5分の充電で100kmの走行が可能な超急速充電器利用時
■充電システム: 急速充電または、誘導システムまたはウォールボックスを使ったコードレス充電システムに対応
■アルミやカーボンを使用した軽量プラットフォームを採用
■対角24インチ(縦11×横53cm)のTFT高解像度ワイドディスプレイ
■足回り: 21インチ・アルミホイール

【ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ 03】
ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ03
ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ画像03
パリモーターショー2016メルセデスEQブランドEVクロスオーバーSUV♪


  メルセデスベンツEQクロスオーバーSUVには、ドアミラーやドアノブがありません。サイドミラーやアウターハンドルなどを廃止することで空気抵抗を削減。そしてリチウム・イオン・バッテリーを全てフロアの下に配置。フロントとリアのモーター位置配分をバランスよく取って、EV電気自動車の最大の課題である航続距離の問題解決を図っています。21インチ・ホイールは空力的に最適化したスポークが新調され、ワイパーもボディの中に押し込まれて隠されています。そして極めつけは、フロントグリル周りのメルセデス・ベンツのシンボルであるスリー・ポインテッド・スターを含むフロント・グリルヘッドランプです。フロントとリアのパネルがイルミネートされ、一目でメルセデス・ベンツと分かります。このEQクロスオーバーSUVのルックスについては、メルセデス・ベンツのデザイン責任者ゴードン・ワーグナー氏は、「新しいEVの美しさ」をコンセプトに手掛けたデザインです。なかなかイケてます♪今後のメルセデスベンツEQブランド「MEQ」からリリースされるBEVバッテリー電気自動車は全てこのフロントマスクになっていくのでしょうか?これからのメルセデスEVが楽しみです!


  因みに、モーターショー関連ブログについては、2015年から今までに以下のブログ
パリモーターショーEVスマート(3)/エコレボ
パリモーターショーEVスマート(2)/エコレボ
パリモーターショーベンツEVスマート/エコレボ
パリモーターショー2016ベンツ(2)/エコレボ
パリモーターショー2016ベンツ/NPOエコレボ
日産大阪ブース/大阪モーターショー2015
第9回大阪モーターショー展示車(5)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(5)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(4)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(4)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(3)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(3)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(2)追記/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(2)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車(追記)/EV研
第9回大阪モーターショー展示車/EV研
大阪モーターショー/EVリーフ改造研
BMWi3(5)/大阪モーターショー2015
BMWi3(4)/大阪モーターショー2015
BMWi3(3)/大阪モーターショー2015
BMWi3(2)/大阪モーターショー2015
BMWi3/大阪モーターショー2015
ひとつになって~Together We Ride (2015) TOGETHER WE RIDE
日産IDSコンセプト映画(5)/主役Hiro聡太郎
日産IDSコンセプト映画(4)/主役Hiro聡太郎
日産IDSコンセプト映画(3)/主役Hiro聡太郎
日産IDSコンセプト映画(2)/主役Hiro聡太郎
日産IDSコンセプト映画/主役Hiro聡太郎
日産IDSコンセプト映画(5)/主役Hiro聡太郎
ニッサンIDSコンセプト/Together We Ride
やったぜ!ニッサン!/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(5)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(4)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(3)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト(2)/東京モーターショー2015
日産IDSコンセプト/東京モーターショー2015
をアップしてあります。あわせてご覧いただければ幸いです。


□テキスト編集:Ann, Hiro & Megima__


  以上、ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボの各画像はクリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ブログページのすべての画像3枚をスライドショー480x360pxlsで見られます。

※本ブログ「ベンツ電気自動車EQコンセプト/エコレボ」9作シリーズの全画像27枚を320x240大のスライドショーで見られます。


段落ライン/ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ
★アクアライズEV研究会情報

  当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

  私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。また2015年7月現在、リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号のエスプリを継承した大阪岸和田南店所有<Love Earth 100EV>号を無料貸出しされています。また、2015年お盆前にはリーフカスタム車に<電動サンルーフ>を装着いたしました!

  当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆画像引用:各画像に記載
◆撮影:各画像に記載
◆画像編集:NPO法人エコ・レボリューション、アクアライズEV研究会
◆Webプロモーション:NPO法人エコ・レボリューション、リーファーUS 
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


ベンツ電気自動車EQ(9)/エコレボ=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00│EQ | エコレボ
ギャラリー
  • 黒30Xリーフ性能(5)ASV/NPOエコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)ASV/NPOエコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)ASV/NPOエコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)ASV/NPOエコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)ASV/NPOエコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)ASV/NPOエコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)ASV/NPOエコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)ASV/NPOエコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)ASV/NPOエコレボ