2015年07月21日

テスラ6.2アップデート/リーフEV研

テスラ6.2アップデート
リーフEV研
 
アクアライズリーフEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【テスラ6.2アップデート/リーフEV研】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 急速充電 <テスラ6.2アップデート/リーフEV研>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズリーフEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック


今日の紹介ブログは『テスラ6.2アップデート/リーフEV研』です。
昨日のブログ『テスラソフトウエア6.1更新/リーフEV研』の続きです。

米国を代表するEV電気自動車テスラモデルS(テスラS)についての記事は、今までに、
【テスラ充電】シリーズとして、このファイルを含めて、
テスラ急速充電/EVテスラ研究会
テスラ急速充電(2)/日産和泉中央
テスラ急速充電/日産和泉中央
テスラ200V充電器/EV研究会
リーフ200Vテスラ充電/EV研究会
の5作を紹介、
【テスラ試乗会】シリーズとして、
テスラ試乗大好評/テスラ大阪
テスラ試乗会/テスラ大阪
テスラ試乗会(2)/テスラ大阪
の3作を紹介、
また【テスラ大阪】シリーズとして
テスラ大阪/リーフ改造EV研究会
テスラ大阪(2)/リーフ改造EV研究会
の2作を紹介し、
そして【EVテスラ】シリーズとして
EVテスラとジェムニー/リーフ改造
EVテスラ/アクアライズEV研究会
EVテスラ(2)/アクアライズEV研究会
EVテスラ(3)/アクアライズEV研究会
EVテスラ(4)/アクアライズEV研究会
の5作を紹介してあります。

※本ブログは、私たちボランティア団体である当アクアライズEV研究会(別名:「リーフEV研」や「リーフ改造EV研」や「EV研究会」や「EV研」や「AREV神戸」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)<NPOエコ・レボリューション>の傘下で活動しています。


■記事『テスラ6.2アップデート/リーフEV研』

・・・昨日の『テスラソフトウエア6.1更新/リーフEV研』の続きは以下です。


アメリカ合衆国を代表するEV電気自動車会社テスラモーターズが販売しているテスラモデルSには通信モジュール (ドコモ3G回線とAPI) とWiFiが内蔵され、車が直接ネットワークにつながる仕組みで、常時インターネットに接続されています。このネットワーク回線を利用してインターネットを通じてテスラモデルSの機能がPCソフトやスマホiPhoneのようにアップデートして次々と新機能が追加されるようになっています。これは従来の車では考えられなかったことで、クルマ革命・車再起動・カーレボリューションと言ってよいほどの快挙です。

【テスラ6.2アップデート/リーフEV研 01】
テスラ6.2アップデート/リーフEV研01
テスラ6.2アップデート/リーフEV研画像01
テスラSの機能がWiFiでiPhone的アップデートで次々と追加♪



当アクアライズEV研究会はテスラのモデルSのP85+(テスラSモデルP85+)でテスラソフトウェアのアップデートにとても興味を持っています。「モデルS」のセンターコンソール部分にある17インチの縦にデッカイ液晶タッチ・スクリーンで色々な操作をします。この17インチの大型液晶タッチ・スクリーンは、従来の車のように7~10インチサイズのただただ映し出すだけのデバイスではありません。エアコン、オーディオ、ナビゲーション、ドアやトランクのロック、ルーフの開閉、ユーザーメモリー設定8方向パワーシート、3段階切替えパワー・ステアリング、アクティブ・エア・サスペンションの車高調節、回生充電モード、充電量など等、モデルSのP85+(テスラSモデルP85+)のほとんどすべての機能をデジタル管理するコントロールモニターで、スマートフォンやタブレットといったデジタル端末をでっかくしたという感じです。したがって運転席から見ると、車の色々な操作ボタンやスイッチボタンなどは全くと言って良いほどありません。テスラSはいわば<クルマ×ITの融合>です。

【テスラ6.2アップデート/リーフEV研 02】
テスラ6.2アップデート/リーフEV研02
テスラ6.2アップデート/リーフEV研画像02
テスラSの機能がWiFiでiPhone的アップデートで次々と追加♪



実際テスラのモデルSのP85+(テスラSモデルP85+)に乗ってみると、この17インチの大型液晶タッチ・スクリーンでPC・パソコンを操作するといった感じです。テスラSのOSはUNIXがベース。ユーザー・インターフェイスはテスラの自社開発、CPUはスマートフォンのチップやパソコンのビデオチップで有名なNVIDIA製。テスラSの車はメルセデス・ベンツCLSをモデルにして、ITデバイスはiPadをベースにしてタッチレスポンスにストレスのない操作性を目指しているのでサクサクと快適です。

【テスラ6.2アップデート/リーフEV研 03】
テスラ6.2アップデート/リーフEV研03
テスラ6.2アップデート/リーフEV研画像03
テスラSの機能がWiFiでiPhone的アップデートで次々と追加♪



このテスラSモデルP85+の17インチの大型液晶スクリーンでテスラ自社開発のブラウザをタッチして、ISP(プロバイダー)がテスラ負担でユーザー無償の常時接続でインターネットなどを始めたり、ブログやFacebookなどのSNSも閲覧できます。Google検索で手書き入力も可能だし、画面に表示される当アクアライズEV研究会の私の担当ブログにソフトキーボードで文字入力したり画像送信も。そしてスマートフォンとペアリングしてBluetooth接続。前もって氏名や電話番号などの連絡先などをBluetoothで読み込ませておくと、日産リーフ(『ハワイの日産リーフ』『日産リーフ白』『リーフ黄色』『80周年リーフ』『リーフカスタムZESPO』『カスタマイズLEAF』)でも採用されているボイスコントロールシステムで運転しながら音声コマンドでハンズフリーで通話をしたりもできます。テスラSはまさしく「動くスマートフォン」「走るスマホ」「ITがタイヤをつけて走っている」といった感覚です。

【テスラ6.2アップデート/リーフEV研 04】
テスラ6.2アップデート/リーフEV研04
テスラ6.2アップデート/リーフEV研画像04
テスラSの機能がWiFiでiPhone的アップデートで次々と追加♪



 今回のブログ『テスラ6.2アップデート/リーフEV研』で紹介する「ソフトウェアアップデート」については、米テスラモーターズの最高責任者イーロン・マスクCEOが、2015年3月15日に発表した「走行距離不安症解決」のためのソフトウェアアップデートについてです。「ソフトウェアアップデート」は、車内中央のセンターコンソール大型スクリーン画面の最上段に小さな「目覚まし時計」アイコンが表示されるとインターネットを通じてオンラインアップデートができる状態になります。その「目覚まし時計」アイコンをタップすると、アップデートを適用する時間を選択設定できるようになっています。ちなみにソフトウェアアップデート中は運転はもちろん、充電やエアコンを作動させることなどできません。ソフトウェアアップデートは、2時間とか結構時間がかかる場合があるので、アップデート・インストール作業が妨げられない時間を選べて設定できるようになっています。

【テスラ6.2アップデート/リーフEV研 05】
テスラ6.2アップデート/リーフEV研05
テスラ6.2アップデート/リーフEV研画像05
テスラSの機能がWiFiでiPhone的アップデートで次々と追加♪



今回の<ソフトウェアアップデート 6.2>では、「エネルギーと航続距離」と「ドライバーアシスト機能」のスポットを当ててバージョンアップされています。2015年7月現時点では日本ではまだ適用されていないソフトウエアアップデート項目がありますが、さしあたって以下の機能が追加されています。
□自動緊急ブレーキ=日産のエマージェンシーブレーキやスバルのアイサイトなど、先日当アクアライズEV研究会で紹介したASV機能(『EV電気自動車のASV(3)/リーフEV研』『EV電気自動車のASV(2)/リーフEV研』『EV電気自動車のASV/リーフEV研』)の一つです。
□ブラインドスポット ワーニング(死角警告)=車線変更を安全に行えるようアシストする機能。サイドミラーで確認できない位置にある後方の他車をテスラが認識した際、警告を表示してドライバーに知らせて、車線変更などを促して衝突を防ぐ機能。メルセデスベンツE250等で既に装備されている機能だと聞きましたが。
□バレットモード=ホテルや駐車場のシーンで他人に車の移動を託す際に、バレーモードにして、例えば車を乱暴に扱ったりしないように特定の設定をしたり、電話帳やカレンダーなどの個人情報にアクセスできないようにする機能。

以上ですが、もっと詳しく細かい<ソフトウェアアップデート 6.2>は、テスラモーターズからのテスラオーナーに届いた公式データを次回に紹介します。


・・・明日の『テスラ6.2アップデート(2)/リーフEV研』に続く


ちなみに、当アクアライズリーフEV研究会(リーフEV研)では、電気自動車では「テスラS」以外に「BMW電気自動車i3」も先日より紹介してきています。以下の
BMW電気自動車i3(6)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(5)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(4)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(3)/リーフEV研
BMW電気自動車i3(2)/リーフEV研
BMW電気自動車i3/リーフEV研
の6作もあわせてご覧いただければ幸いです。

以上。

□テキスト: Meg__


以上、テスラ6.2アップデート/リーフEV研の各画像は、クリックで全て640x480pxlsに拡大します。

※本ページの表示画像5枚をスライドショー440x330pxlsで見られます。

※上記で公表されている特定の氏名や団体名(ランドマークとなる施設や公共団体は除く)はご許可を申請または承認いただいて掲載しています。

※本ブログは、私たち非営利団体である当アクアライズリーフEV研究会(別名:「リーフリーフEV研」や「リーフ改造リーフEV研」や「リーフEV研究会」)が中心となって作成。特定非営利活動促進法に基づき法人格を得た団体(特定非営利活動法人)として、<NPOエコ・レボリューション>の傘下で活動しています。


段落ライン/BMW電気自動車i3(3)/リーフリーフEV研
★アクアライズリーフEV研究会情報

当アクアライズリーフEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。※当アクアライズリーフEV研究会は車好き・改造好き・EV大好き同好会で情報収集や発信の場です。販売等の営業行為は一切行っておりません。

<NEW>吹きだし/テスラ6.2アップデート/リーフEV研
株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズリーフEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号、そして2015年4月末リーフスポーツカスタム<ZESPO ゼスポ>号を完成!

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

私たちアクアライズリーフEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号<ZESPO ゼスポ>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

当アクアライズリーフEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。


◆ロケ:アクアライズEV研究会泉北スタジオ
◆車両提供:アクアライズEV研究会大阪
◆画像撮影:アクアライズEV研究会
◆プロモート:NPO法人エコ・レボリューション
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


テスラ6.2アップデート/リーフEV研=リーフ改造/アクアライズリーフEV研究会


aquarise at 12:00│テスラ | 日産リーフ
ギャラリー
  • 日産リーフ歴史と未来(2)/エコレボ
  • 日産リーフ歴史と未来(2)/エコレボ
  • 日産リーフ歴史と未来(2)/エコレボ
  • 日産リーフ歴史と未来(2)/エコレボ
  • 日産リーフ歴史と未来(2)/エコレボ
  • 日産リーフ歴史と未来(2)/エコレボ
  • 日産リーフ歴史と未来(2)/エコレボ
  • 日産リーフ歴史と未来(2)/エコレボ
  • 日産リーフ歴史と未来(2)/エコレボ