2015年03月05日

GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会

GMシボレーEVボルト(3)
EV研究会

アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエス
このページを単独で表示するにはここをクリック!
---最新ページ更新---
【GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会】
日産リーフは今日も行く...ψ^c_^)ゞ

<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□
Google
リーフ改造 カスタム <GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会>検索ボタン
Google<リーフ改造 カーラッピング>で画像検索

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフカーラッピング』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック


本日のファイルは、『GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会』で、このファイルで<GMシボレーEVボルト/EV研究会>のシリーズは終了です。

今までに<全電気自動車EVシボレーBOLTボルトのコンセプトカー>関連記事は、このファイルを含んで、
GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会
GMシボレーEVボルト(2)/EV研究会
GMシボレーEVボルト/EV研究会
EVシボレーBOLTボルト(2)/EV研究会
EVシボレーBOLTボルト/EV研究会
の5作を紹介しています。

画像のタイトルは『GMシボレーEVボルト/EV研究会』と統一しています。
一昨日の『GMシボレーEVボルト/EV研究会』と昨日の『GMシボレーEVボルト(2)/EV研究会』のビジュアル10枚のスライドショーはこちらから見られます。

また、2月に作成した『EVシボレーBOLTボルト/EV研究会』と『EVシボレーBOLTボルト(2)/EV研究会』2作の表示画像10枚を通してスライドショー440x330pxlsはこちらから見られます。


■記事『GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会』

2015年1月デトロイトモーターショー15GM社のシボレーブランドの<EV電気自動車コンセプトカー>として初公開され、2015年2月12日より米国で開幕されたシカゴモーターショー15において、米国ミシガン州デトロイト近郊のオライオン組み立て工場で量産決定と発表された<GMシボレーEVボルト=BOLT>のボディは、小型の5ドアハッチバック。<GMシボレーEVボルト=BOLT>の車体にはアルミ、マグネシウム、カーボンファイバーなどの素材を積極的に採用し、軽量に仕上げられます。

【シボレーEVボルト=BOLTコンセプト(1)】
GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会ビデオ【北米国際自動車ショー2015】価格は360万円で航続距離は320km♪@GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会
Chevrolet Bolt EV Exteriors B-Roll 
<GMシボレーEVボルト=BOLT>
コンセプトカーのエクステリア
画像またはここをクリックでビデオが見られます

GMの<EVシボレーBOLTボルト>は、オレンジ色が鮮やかな5ドア・ハッチバック車。開放的な室内空間がガラスルーフと細いDピラーで演出されています。
GMの<EVシボレーBOLTボルト>のノーズは短く、EVであるがゆえにグリルは高目、EVに欠かせないLEDヘッドライトが両サイドに流れるようにあしらわれています。
GMの<EVシボレーBOLTボルト>車体は運転しやすいコンパクトサイズです。
私は一見メルセデス・ベンツの初代Aクラス(W168型)の印象を受けました。

【シボレーEVボルト=BOLTコンセプト(2)】
GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会ビデオ【北米国際自動車ショー2015】価格は360万円で航続距離は320km♪@GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会
Chevrolet Bolt EV Interiors B-Roll 
<GMシボレーEVボルト=BOLT>
コンセプトカーのインテリア
画像またはここをクリックでビデオが見られます


米国のEV電気自動車界をリードしている、ITベンチャー企業テスラ的には、EVは走るITと位置づけされることから、デスクトップPCのような大き目のモニターは絶対にタッチスクリーンです。アイフォンやアンドロイドなどスマホ=スマートフォンとの連動や音声コマンドによるテレマティクスシステムは避けて通れません。そして扱いやすい独立した計器類がスマートに最小限にダッシュボードに収まってなければ、EV電気自動車のインテリアをしっかり作り込んだとは言えないかも知れません。※EVシボレーBOLTボルトの情報は、GM(ゼネラルモーターズ)のプレスリリース(英語)を参考にしています。

思うにアメリカ合衆国ではテスラ(『テスラ』『テスラ試乗会』参考)の存在は大きく、近い将来、2017年を目処に、その頃には市場に出ているテスラ3に匹敵するようなEV電気自動車を開発できれば、EV市場での成功は大いに望めるでしょう。


ちなみに、このGMシボレーEVボルトの製作国・米国を代表するEV電気自動車テスラモデルS(テスラS)についての記事も以下に案内します。
【テスラ充電】シリーズとして、
テスラ急速充電/EVテスラ研究会
テスラ急速充電(2)/日産和泉中央
テスラ急速充電/日産和泉中央
テスラ200V充電器/EV研究会
リーフ200Vテスラ充電/EV研究会
の5作を紹介、
【テスラ試乗会】シリーズとして、
テスラ試乗大好評/テスラ大阪
テスラ試乗会/テスラ大阪
テスラ試乗会(2)/テスラ大阪
の3作を紹介、
また【テスラ大阪】シリーズとして
テスラ大阪/リーフ改造EV研究会
テスラ大阪(2)/リーフ改造EV研究会
の2作を紹介し、
そして【EVテスラ】シリーズとして
EVテスラとジェムニー/リーフ改造
EVテスラ/アクアライズEV研究会
EVテスラ(2)/アクアライズEV研究会
EVテスラ(3)/アクアライズEV研究会
EVテスラ(4)/アクアライズEV研究会
の5作を紹介してあります。
合計15作、あわせてご覧いただければ幸いです。


以上のEVシボレーBOLTボルトのビデオは、GM(ゼネラルモーターズ)のプレスリリース(英語)を引用しています。


段落ライン/GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会
★アクアライズEV研究会情報

当アクアライズEV研究会は、自分だけの<マイ・オンリー>日産リーフ改造カスタムカーや日産リーフ改造製作にご興味のあるリーフ乗り=リーファーの方のご相談を承っております。


株式会社東洋マーク製作所提供、アクアライズEV研究会製作、日産リーフX白を新作の日産リーフ改造カスタムカー<ジェムニー>のエスプリを継承して更にパワーアップ!幸田幸@映画の森てんこ森デザインとデザイン監修した、東洋マークジェイトリム大阪のプロスタッフおススメのベーシックバージョン<ジズモエウロ・カメレオン>号完成

※2014年9月13日<リニューアル・オープン/日産大阪和泉中央>で初公開した日産リーフ改造カスタムコンプリートカー黄色のリーフ『ジェムニー GEMNEA』について詳しい情報は・・・⇒こちらから

私たちアクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスは、2014年11月現在までに、日産リーフ改造カスタムコンプリートカーとして日産リーフをドレスアップ!<ハヤブサ>号<メキルメ>号<メキルメラッコ>号<ラプソディア>号<ハヤブサ隼HBR>号<ジオペット号>号<ジオノア-R>号<ジオノア-B>号や<ジェムニー>号、そして<ジズモエウロ・カメレオン>号などを手がけ、ご縁あって、その数台を日産大阪販売株式会社和歌山日産自動車株式会社の各店舗で展示しています。

当アクアライズEV研究会=リーファー・ドット・ユーエスの日産リーフ改造カスタムカーの各号は、ご依頼で持ち回りしている場合がありますので、ご覧いただくには、必ず前もって<info@leafar.us>又は<aquarise@live.jp>にメールを下さいますように、お願い申し上げます。



◆データ:GMプレスリリース
◆車両:シボレー「Bolt(ボルト)EV コンセプト」
◆画像提供:GMシボレー
◆画像編集:アクアライズEV研究会
◆プロモート:リーファーUSインターナショナル
◆Web出版:エイブル出版/松本正
◆Web校正:北洞一雄
◆Web監修:北洞吉雄

★お問い合わせは、以下のアドレス(小沢)まで
aquarise@live.jp


GMシボレーEVボルト(3)/EV研究会=リーフ改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00│EV | 電気自動車
ギャラリー
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ