2013年08月09日

日産リーフ改造・100V充電変換ケーブル

◆日産リーフ改造・充電◆
100V充電変換ケーブル




【EV電気自動車・日産リーフ改造=日産リーフ改造・100V充電変換ケーブル】
日産リーフは今日も行く
...ψ^c_^)ゞ


---最新ページ更新---

このページを単独で表示する(画面切替)▼

バックナンバーのリストはこちらから⇒
<【LYCEE】日産リーフでエコライフ>ページへ
□■□バックナンバー□■□

Google検索
EVパワーステーション 和歌山日産<EVパワーステーション/和歌山日産狐島店@日産リーフ改造>検索ボタン
Google<画像検索はこちらから

このアクアライズEV研究会のサイト検索は
日産リーフ改造>又は
リーフ改造>と入力してください。
『リーフ・改造 和歌山日産』のYahoo!検索は、
▼ここをクリック

 本日8月9日(金)の紹介は、
 <日産リーフ改造・100V充電変換ケーブル>です。

 自分で作った100V充電変換ケーブルを利用して日産リーフを充電してみた。

日産リーフ改造・100V充電変換ケーブル日産リーフ改造・100V充電変換ケーブル画像@アクアライズEV研究会
(C)2013 AquaRise EV Conference. All Rights Reserved.


 日産リーフの充電は、家庭では200V又は100Vを利用して充電する。
 日産リーフの充電は、ユーザーが自宅に設備した200Vの普通充電コンセントやニチコンの中速充電機パワーコントロールでできる。
 また、外出先ではスーパーなどの充電スタンドや近くの日産販売店で急速充電(最高80%充電又は30間充電)ができる。

 祇園祭の頃、京都に住む友人宅を訪問して、お酒を飲んで盛り上がった後、気が付いたら残り電気が28%で、大阪の自宅に帰れない。
 深夜充電できる日産販売店まで行くにも酒気帯びだから日産リーフは運転できない。
 それで泊めてもらうことになった。

 でも友人は日産リーフは所有していないので、当然お宅には日産リーフ対応200Vの充電コンセント(パナソニックの電気自動車EV/PHV充電用コンセント ELSEEV(エルシーヴ))など設備していない。
 私の車には常に載せてある日産リーフ200V充電ケーブルは、これでは全く役立たない・・・

 こんなとき、100V充電ケーブルがあれば・・・
 日産リーフの充電は、時間がかかっても、寝ている間に充電できるのに・・・
 ケチらないで、日産リーフのオプションで100V充電ケーブルを購入しておけば良かったなあ~と後悔した.../(^_^;)>



 後日、あれこれ調べた。
 日産リーフの100V用充電ケーブル(品番:EAEE2)は、7.5mで消費税込本体価格は、52,000円。
 ふ~む・・・?
 よし、買おう!と思ったけどちょっとつらい・・・

 それなら、日曜大工で自分で作ろう!

 DIYでパナソニックのコンセントを買って来て、うちの工場に使わないで放ってあった工事用タイコ電気ケーブル20~30A対応(差込プラグ付き)を1mばかり切り取って、取り付けた。

【パナソニックのコンセント】2013年8月9日ファイル作成時点
Panasonic 電気・建築設備エコソリューション/15A・20A兼用接地角型コンセント
□品名 15A・20A兼用接地角型コンセント
□品番 WK3811
□希望小売価格(税込み)578円(税抜 550円)


 うまくできた!
 それも数分で!

 購入した日産リーフには、元々、200V用充電ケーブルが付属していた。
 その日産リーフの200V充電器のプラグを、今回作った100V充電変換ケーブルのコンセントに差し込んで繋ぐだけ。

 よし、無事に動作する!

 それもその筈!日産リーフの充電システムは優れもので、充電ケーブルはマルチ電圧対応なのだ。
 要は100V用と200V用ではコンセントの形状が異なるだけなのだ。
 電気工事の資格がない素人でも、ドライバーさえ使えれば簡単に作れる!
 200Vならアースが必要だろうけど、100Vだから、まあ~いいかって事で・・・

 これで、ぅん万円のお金が浮いた!
 じゃ、そのお金で、日産リーフの改造パーツ(IMPULインパル)か純正のアクセサリーパーツ<LEDイルミネーション付エンブレム>か<スタイリッシュドアミラーウインカー>でも取り寄せて自分で取り付けようかな...(^(エ)^)♪


【100V変換ケーブルを使って日産リーフを充電する手順】
(1) 日産リーフの200V充電ケーブルのプラグを、今回作った100V変換ケーブルのコンセントに差し込む。
(2) 100V充電変換ケーブルを使って充電する場合は、日産リーフ側の充電コネクターから先に繋いでセットする。
(3) 日産リーフの200V充電ケーブルのアダプターのREADYランプとCHARGEランプが点灯するのをチェック。
(4) そして日産リーフのコントロール・ボックスのREADYランプとCHARGEランプの点灯するかどうかをチェックする。
(5) 日産リーフの充電ランプが点滅すればセット完了。
 200V充電に比べると充電時間が2倍かかるが、万一の電欠時にでも、どこにでもあるAC100Vコンセントが利用できるので安心。
【注】100V変換ケーブルは私が勝手に作ったもので、安全を保証するものではありません。これを読んでお試しになる場合、いかなるトラブルも全て自己責任でお願いします。


◇ファイル作成:
改造デザイン・製作:水上隼人
Web運営・管理:小沢栄三
中塚裕&安藤奈津@アクアライズEV研究会


★お問い合わせは、以下のアドレス(水上)まで
aquarise@live.jp


日産リーフ改造・100V充電変換ケーブル/電気自動車リーフの改造/アクアライズEV研究会


aquarise at 12:00│日産リーフ | リーフ改造
ギャラリー
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ
  • 黒30Xリーフ性能(5)先進安全/エコレボ